更新日:2021-09-15

ルイ・ヴィトンはどんな結婚指輪ブランド?

(画像引用元:ルイ・ヴィトン公式サイト https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/women/fine-jewellery/engagement/_/N-a0rp25Z1pl8am3)

ルイ・ヴィトンは、1854年にフランスで生まれたブランド。結婚指輪・婚約指輪だけではなく、各種のファッションジュエリーやバッグ、財布、靴、洋服など、様々なアイテムの展開で世界的に知られる総合ブランドです。

ルイ・ヴィトンの結婚指輪の特徴は、他の数々のアイテムにも通じる「ヴィトンらしさ」。シンプルで安定的なデザインながらも、どんなジャンルにも属さない、かの「ヴィトンらしさ」を感じさせるところが、ルイ・ヴィトンの結婚指輪の特徴でもあります。

ルイ・ヴィトンの結婚指輪を試着したときの高揚感は、一般的な国内ブランドでは得られません。エルメスやグッチなどの海外ブランドがお好きな方は、ぜひルイ・ヴィトンの結婚指輪を候補に入れておくと良いでしょう。

ルイ・ヴィトンのアフターサービス

ルイ・ヴィトンの結婚指輪の保証・アフターサービスを見てみましょう。

結婚指輪は二人の一生涯を誓い合った証。毎日欠かさず着け続けていくものです。でも、毎日着けていると、いつか輝きが失われてきたり形が変わってきたりなど、何らかの不具合が生じるかもしれません。そのような時に備え、結婚指輪を選ぶときには、そのブランドが約束している保証・アフターサービスをチェックしておくことが、とても大事なポイントとなります。ルイ・ヴィトンのアフターサービスをチェックしていきましょう。

保証期間:要問合せ

ルイ・ヴィトンの公式HPには、結婚指輪の保証期間に関する記載がありませんでした。保証期間の詳細を知りたい方は、ルイ・ヴィトンの店舗まで直接お問い合わせください。

なおルイ・ヴィトンでは、自社の正規品であることが明らかな場合には、可能な範囲で有料にて保証サービスを提供しています。こまめにメンテナンスを受けて続けていれば、たとえ有料になったとしても、購入したときと同じような品質がいつまでも続くことになるでしょう。実質的には永久保証・生涯保証に似たような感じですね。

その他のアフターサービス

ルイ・ヴィトンの公式HPには、アフターサービスに関する記載がありませんでした。ルイ・ヴィトンの結婚指輪のアフターサービスに関しては、ネット上で様々な噂が聞かれます。正しい情報を知りたい方は、ルイ・ヴィトンの店舗まで直接問い合わせたほうが良いでしょう。

なお、実際にルイ・ヴィトンの結婚指輪を販売している店舗が発信した情報によると、ルイ・ヴィトンの「直営店」では、指輪のクリーニングや石留め直し、変形直しなどの各種アフターサービスを有料で提供しているとのことです。

ルイ・ヴィトンの結婚指輪はこんな感じのデザイン

ルイ・ヴィトンが発表している結婚指輪の中から、ここでは、ヴィトンらしさが出ている代表作の結婚指輪6点をセレクトしてご紹介します。ルイ・ヴィトンの結婚指輪のコンセプトや方向性をイメージしてみたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ルイ・ヴィトンの結婚指輪デザイン1

アンプラントコレクションという、 ブランドの伝統的なトランクに不可欠なビス(鋲)からインスピレーションを受けて作られた結婚指輪です。 ブライダルリング以外にも、ペアリングとしてもおすすめ。 職人の技によって刻まれた、”LOUIS VUITTON”の文字がアクセント。 プラチナ素材のリングは、時代を問わずに使い続けられるシンプルなフォルム。 指に気持ちよくフィットしてくれるため、肌身離さず着けていたいリングに仕上がりました。

ルイ・ヴィトンの結婚指輪デザイン2

エピ・レザーという、ルイ・ヴィトンが誇る上質なレザーからインスパイアを受けたコレクション「エピ・コレクション」のマリッジリング。 プラチナの光沢が指輪全体をまとっていますが、対照的なマットな質感も加えました。 この2つのコンビネーションが、美しいコントラストを生み出しています。 この優雅なデザインは、この先ずっと続いていく二人の絆をイメージしています。

ルイ・ヴィトンの結婚指輪デザイン3

ルイ・ヴィトンのシンボルである、モノグラムのフラワーモチーフがリングの表面に連続したデザイン。 均整を取って連ねられた美しいデザインは、他のリングと一味違う個性を演出してくれます。 刻まれたフラワーモチーフは、これから一緒に旅へと歩き出す、二人の愛が永遠であることを表現しています。 ホワイトゴールドで作られた、端正で上品なマリッジリングに仕上がりました。

ルイ・ヴィトンの結婚指輪デザイン4

男性、女性を問わずに使うことができるデザインに。 ルイ・ヴィトンのイニシャルである、”L”と”V”を均等な間隔で配置し、 軽やかなテンポを作り出しました。 重ね着けに向いているデザインのため、 同じ「LV ヴォルト コレクション」のアイテムと組み合わせれば、 様々なアレンジを楽しむことができます。 「LV ヴォルト コレクション」とは、ルイ・ヴィトンのイニシャルのエネルギーに尊敬の念を込めて作られたものです。

ルイ・ヴィトンの結婚指輪デザイン5

リングのセンターには、ルイ・ヴィトンのイニシャルが大胆に施されています。 このイニシャルは、創業者であるルイ・ヴィトンの息子、ジョルジュ・ヴィトンがデザインしたもの。 イニシャルの両側にあるくぼみも特徴的なデザインです。 ホワイトゴールドでできたリングは、男性でも女性でも使いやすい仕上がりに。 サイズ展開も豊富なため、自分に合ったサイズと見つけられるでしょう。 別のアイテムとの重ね着けも楽しめるリング。

ルイ・ヴィトンの結婚指輪デザイン6

リングを一周して、小さなダイヤモンドをぎっしりと敷き詰めた、パヴェセッティングのマリッジリング。 ホワイトゴールドとダイヤモンドの組み合わせが、洗練された輝きを放ちます。 リングのセンターには、ルイ・ヴィトンのロゴであるLVの文字と、 トランクのビス(鋲)によって彫られたマークが印象的です。 現代的で、独特なデザインは、ルイ・ヴィトンを愛する方は持っておきたいリングです。

ルイ・ヴィトンの5つの特徴

1.圧倒的な知名度の高さが大きな魅力

ルイ・ヴィトンの結婚指輪の魅力はたくさんありますが、恐らく多くの方の本音では、「ヴィトン」という知名度の高さが最大の魅力ではないでしょうか?その圧倒的な知名度のパワーや「人に自慢できる」感は、なかなか他のブランドでは得られないことでしょう。

ただし、ブランドの知名度の高さや社会的評価は、一朝一夕で獲得できるものではありません。また、知名度や評価を維持していくためには、絶えず企業努力をしていく必要があります。何より、品質やコスパの良さが伴わなければ、あっという間にブランドの評価は下がります。

「知名度が高くて人に自慢できるからヴィトンを選ぶ」という思考は、品質やコスパを重視した場合、あながち間違ってはいません。知名度の高さは、結果として品質の高さを表すものだからです。

2.シンプルにしてクラシカルな印象のデザイン

ルイ・ヴィトンは、フランス・パリで誕生したブランドです。そのように聞くと、中には「指輪はかなり派手で個性的なのでは?」と思う人もいることでしょう。

そう、確かにフランス生まれのジュエリーブランドには、派手で個性的なデザインの作品が多め。ところがルイ・ヴィトンの結婚指輪コレクションは、逆にシンプルなデザインが多めであることが特徴です。

シンプルとは言っても、決して控えめな印象ではありません。日本のブランドに比べれば、やや主張の強さを感じられるでしょう。ただし、全体的にはヨーロッパのクラシカルな雰囲気に包まれたデザインなので、長く着けていても飽きがきません。単独で着けても婚約指輪と重ねて着けでも、どちらでもおすすめです。

3.男性が好みそうなデザインもあり

ルイ・ヴィトンの結婚指輪の中には、男性が好みそうなデザインもあります。特におすすめはアリアンス アンプラント。リング表面をフラットにしたクラシカル&タイムレスな印象の結婚指輪です。きっと、スーツ姿のビジネスシーンによくマッチするデザインとなるでしょう。

仕事で海外出張することが多い男性は、国内ブランドよりも、むしろルイ・ヴィトンのような国際ブランドの結婚指輪を身につけていたほうが、会話のきっかけやプライベートな話題にもなりやすいのでおすすめです。

4.結婚指輪の価格は1本14万円台~

ルイ・ヴィトンと言えばバッグが有名ですが、その価格は安くても20万円台。中には50万円台や70万円台といった高額なバッグもたくさんあります。そのような感覚をもとにイメージすると、ルイ・ヴィトンの結婚指輪は100万円以上になりそうな感じがします。

ところが実際に結婚指輪のリストを見てみると、最安値で1本14万円台~。安いとは言いませんが、「ルイ・ヴィトンの結婚指輪」というイメージに対して、拍子抜けするような価格ではないでしょうか?

「ヴィトンの結婚指輪なんて、手の届かない値段」との先入観で初めから排除していた人は、改めてルイ・ヴィトンの結婚指輪に注目してみては?

5.他のヴィトンアイテムと合わせやすい

結婚指輪はもとより、ファッションジュエリーやバッグ、財布、洋服、香水、腕時計など、非常に多彩なアイテムを展開しているルイ・ヴィトン。アイテムは多彩ながらも、それら全てにブランドの一貫したコンセプトが流れているので、複数のヴィトンアイテムを同時に身につけても、ほとんどミスマッチがありません。

たとえばヴィトンのバッグの中からヴィトンの財布が出てきても、違和感はないでしょう。あるいは、その財布を出すまでの一連の動作でヴィトンの結婚指輪がキラリと輝いても、やはりコンセプトが同じなので違和感がありません。違和感がないどころか、むしろ相乗効果で魅力が増すのではないでしょうか?

こんなカップルにルイ・ヴィトンをオススメ!

以上、ルイ・ヴィトンの結婚指輪の特徴やアフターサービス、結婚指輪の事例などをご紹介しました。

ルイ・ヴィトンのアイテムがお好きな方だけではなく、「シンプル系ながら他人とは違った雰囲気の指輪を探している」という方には、ぜひ一度、ルイ・ヴィトンの結婚指輪を試着してほしいところ。独特のデザイン性を持ちながらも、アームはフラットなストレートタイプがメインなので、シーンや服装に応じた向き不向きはほとんどありません。毎日身につける日常的な指輪として、決して違和感のないデザインです。

先入観を捨てて、まっさらな気持ちでルイ・ヴィトンの結婚指輪を試着してみてくださいね。

結婚指輪の人気ブランド調査「ルイ・ヴィトン」

高級バッグや高級財布などで世界的に知られるトップブランドの一つ、ルイ・ヴィトン。「結婚指輪なんて作ってるの?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、無理もありません。ルイ・ヴィトンがブライダルリングの世界に参戦を始めたのは、ごく最近。これまで他の分野で数々の名作を生み出してきたルイ・ヴィトンだからこそ、今後、素敵な結婚指輪もたくさんリリースされる予感がします。ここでは、2019年現在でルイ・ヴィトンが発表している結婚指輪の中から、おすすめの作品を5つピックアップしてご紹介しています。

バーグ アンプラント LV(ホワイトゴールド×ダイヤモンド)

バーグ アンプラント LV(ホワイトゴールド×ダイヤモンド)

引用元:ルイ・ヴィトン公式HP
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/empreinte-ring-white-gold-and-diamonds-nvprod1180261v

ルイ・ヴィトンと言えば、財布やバッグに描かれている「LV」のロゴ。このロゴが入っていなければヴィトンの魅力は半減する、と感じている人も多いのではないでしょうか?こちらでご紹介しているバーグ アンプラント LVは、まさに、世界中の女性が愛してやまない「LV」の文字を刻んだ大胆な作品。

もともとトランクを製作していたヴィトンの歴史を彫るかのように、ロゴの両サイドにはビスを表現した円が2つ置かれています。3列に並んでパヴェ状に周回するメレダイヤも、煌びやかで魅力的。幅広のリングの裏側には、もちろんしっかりと「Louis Vuitton」の刻印が彫られています。ヴィトン好きの花嫁には、たまらない作品です。

  • 価格(女性)982,800円
  • 価格(男性)982,800円

バーグ アンプラント LV(ピンクゴールド)

バーグ アンプラント LV(ピンクゴールド)

引用元:ルイ・ヴィトン公式HP
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/empreinte-ring-pink-gold-nvprod1000080v

こちらでご紹介している結婚指輪は、上でピックアップした「バーグ アンプラント LV」と同じコレクションに属する1本。ヴィトンの作品らしく、センターに「LV」のロゴと、その両サイドにトランクのビスを模したデザインを施しています。

上の作品とは違い、こちらはダイヤモンドを使用していない分、輝きは控えめ。その一方で、素材にピンクゴールドを用いることで、フェミニンな印象を強く表現している点が特徴です。注目して欲しいポイントが、上の作品と比べたときの値段の違い。100万円近くする指輪からダイヤモンドを抜き、かつ素材を変更しただけで、一気に手の届きそうな値段となっています。ブランドを問わず、ピンクゴールドは意外にリーズナブル。

  • 価格 (女性)193,320円
  • 価格 (男性)193,320円

アリアンス モノグラム・アンフィニ

アリアンス モノグラム・アンフィニ

引用元:ルイ・ヴィトン公式HP
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/monogram-infini-wedding-band-white-gold-and-princess-cut-diamonds-006774#Q9F95C

可愛らしい印象の結婚指輪よりも、スタイリッシュで洗練された印象の結婚指輪をお求めの方におすすめの1本が、こちらでご紹介しているアリアンス モノグラム・アンフィニ。ルイ・ヴィトンを象徴するものグラム・フラワーをモチーフに、均整の取れたスマートな彫刻を特徴とする作品です。

上でご紹介した2本の指輪とは異なり、「LV」のロゴやビスのモチーフはなし。その一方で、ヴィトンならではの高いセンスが実現しています。きっと、多くの人から「かなり高級な感じがするけど、どこのブランド?」なんて聞かれるのではないでしょうか?センターにっ配された3粒の石は、プリンセスカットダイヤモンドです。

  • 価格 (女性)279,200円
  • 価格 (男性)279,200円

アリアンス アンプラント

アリアンス アンプラント

引用元:ルイ・ヴィトン公式HP
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/empreinte-wedding-band-platinum-and-diamond-005133

ルイ・ヴィトンが展開している結婚指輪の中から、こちらでは男性に人気の1本をご紹介します。程よいリング幅を確保したフラットタイプのストレートリング。ヴィトンに限らず、どのブランドでも男性から人気のタイプのデザインです。

センターには1粒のダイヤモンドがセッティングされていますが、デザインの全体像が男性的なので、ビジネスシーンで身に着けてもまったく違和感なし。むしろ、ワンポイントのオシャレとして男性の価値を高めることでしょう。同様のデザインのリングはティファニーから多くリリースされていますが、ティファニーのそれとは異なり、こちらの作品はフェミニンな印象が強くありません。

  • 価格 (女性)311,040円
  • 価格 (男性)311,040円

バーグ・ナノグラム テニス

バーグ・ナノグラム テニス

引用元:ルイ・ヴィトン公式HP
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/nanogram-tennis-ring-nvprod1310202v

ルイ・ヴィトンを象徴するものグラムフラワーと「LV」のロゴを交互に彫り込んだ、独特のデザインの結婚指輪。まるでクラシカルなテニスブレスレットを彷彿とさせる、不思議なシルエットをたたえる作品です。

他人とは被る可能性の低いオリジナルデザインの結婚指輪ですが、より注目して欲しいポイントが、その価格。男性・女性、ともに1本54,000円です。2本合わせても108,000円と、一部の国内ブランドにも匹敵する安さを実現しています。「ヴィトンの結婚指輪=高い」という先入観をお持ちの方は、考えを改めたほうが良いでしょう。ご紹介しているバーグ・ナノグラム テニス以外にも、実際に店頭で探してみればリーズナブルな結婚指輪がたくさん見つかります。

  • 価格 (女性)54,000円
  • 価格 (男性)54,000円

結婚指輪のブランド一覧に戻る

結婚指輪について実際にルイヴィトンに問い合わせてみた!

結婚が決まり幸せムードの中、いざ指輪を買おうしてサイトを見てみても、欲しい情報がなかなか見つからない…!なんて頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。

当メディアでは公式サイトには掲載されていない、みんなが気になる情報を実際に質問してみました! 

「全部でどのくらいデザインがあるの?」「リング幅の最も細いものは?」「アフターサービスはどこまで無料で対応してくれるの?」 などをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

A リングのラインナップにつきましては下記公式サイトのURLをご覧ください。
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/women/jewelry/rings/_/N-1o9zn62
なお店頭の在庫状況につきましては、流動的です。ジュエリー取り扱いの店舗に来店した際に確認ください。

A ヨーロッパサイズの1サイズ刻みのサイズ展開となります。

A 細いデザインのリングにつきましては下記をご覧ください。 アリアンス エタニティー (ピンクゴールド×ダイヤモンド) 幅:2.0mmです。
公式サイトURL
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/eternity-wedding-band-pink-gold-and-diamonds-nvprod1550156v#Q9L95F

A サイズ直しにつきましては、製品により詳細の案内が異なりますので回答できません。

A サイズ直しにつきましては、製品により詳細の案内が異なりますので回答できません。

■結婚指輪の商品一覧ページはコチラ 
URL:https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/women/fine-jewellery/engagement/_/N-a0rp25Z1pl8am3

■店舗案内ページはコチラ 
URL:https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/stores/japan

■来店予約ページはコチラ 
URL:https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/magazine/articles/private-appointment

引用元

・画像
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/epi-wedding-band-platinum-006771#Q9F74C
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/monogram-infini-wedding-band-white-gold-006768#Q9F71A
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/empreinte-wedding-band-platinum-005132#Q9F01H
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/lv-volt-multi-ring-white-gold-nvprod2330016v#Q9O63A
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/empreinte-ring-white-gold-nvprod1770295v#Q9K97R
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/empreinte-ring-white-gold-and-diamonds-nvprod1180261v#Q9K99A

topics: 結婚指輪

結婚指輪の選び方
[PR] 銀座ダイヤモンドシライシ ※初めてのご来店で、アンケート記入とブライダルリングを試着頂いた方に限ります。 ※全国の銀座ダイヤモンドシライシで1組につき1回限りとさせていただきます。 ※ご本人確認させていただく場合もございます。 ※他サービス、優待、特典との併用は致しかねます。予めご了承ください。 ※ギフトカードはご来店日から1〜2週間後に郵送でのお渡しとなります。(ギフトカードが届かない場合はお手数かけて申し訳ございませんが店舗にご連絡ください。) ※サービスの内容は予告なく変更する場合がございます。