更新日:2021-09-14

フランシスカ はどんな結婚指輪ブランド?

(画像引用元:フランシスカ公式㏋ https://a-francisca.com/ )

フランシスカは、大阪梅田にある結婚指輪・婚約指輪の手作り工房。一度に一組のみの完全貸し切りが約束された、とてもアットホームな雰囲気の工房です。

フランシスカがサポートしている手作り指輪の技法は、ロウ素材を削りながら指輪の原型を作っていくワックス製法と呼ばれるもの。デザインの自由度が高いうえに、金属による最終的な仕上げは職人が行うため、クオリティの高いオリジナルの結婚指輪が完成します。

目次(
クリックタップで表示

フランシスカのアフターサービス

フランシスカの保証やアフターサービスの内容を見てみましょう。

結婚指輪は、生涯にわたって毎日使い続けるものです。何十年も使っていると、いつか指輪に傷が増えてきたり変形してきたりなど、何らかの不具合が蓄積しないとも限りません。いつまでも買ったときのような美しい姿を維持していくためには、そのブランドの保証・アフターサービスをチェックしておくことが大切です。

保証期間:要問合せ

フランシスカの公式HPには、結婚指輪の保証期間に関する記載がありませんでした。保証期間の詳細を知りたい方は、フランシスカまでも直接お問合せください。

なお、フランシスカで手作りした結婚指輪については、いつまでも良好な状態が維持されるよう、ブランドが責任を持ってケアし続ける用意があるとのこと。有料になるケアもありますが、指輪の品質を永久に維持してもらえるという意味では、実質的に永久保証と言って良いかもしれません。

その他のアフターサービス

保証とは銘打っていないものの、アフターサービスとして様々な対応をしています。たとえば、お店に指輪を持参すれば、いつでも何度でも無料でクリーニングをしてもらうことができます。ほかにも、有料にはなりますが、サイズ直しや変形直し、新品仕上げ、宝石の留め直し・追加セッティングなど様々なアフターサービスに対応。工房で対応可能な範囲については、基本、どんな内容でも提供しています。

なお、たとえ特定のアフターサービスが有料になったとしても、他店に同じサービスを依頼する場合に比べると、フランシスカに依頼したほうがかなりリーズナブルになります。

フランシスカではどんなタイプのリングを作れるの?

素材として、プラチナと各種ゴールドを計7種類用意。色の異なる複数の素材を選んで組み合わせる「コンビネーション」にも対応しています。

リングのデザインについては、ストレートやウェーブ、V字、S字などカップルが自由に選択可能。マット、鏡面、槌目など、仕上げの加工法の選択肢も幅広く用意しています。

オプションには、ホーニングやヘアラインなどのつや消し、ミル打ち、ハワイアン彫り、レーザー刻印、石留め、双子ダイヤモンドのセッティングなどを用意。基本的には、デザインもオプションもカップルの希望通りとなります。

オプションで追加できる内容

フランシスカでは、カップルのお好みに応じて様々なオプションに対応しています。主なオプションは次の通りです。

つや消し

4種類のつや消し加工(ホーニング、ダイヤバー、縦ライン、横ヘアライン)から、お好みの方法を選択することができます。料金は1本3,500円です。

ミル打ち

小さな丸い粒をリングに周回させる加工法がミル打ちです。女性はもとより、男性にも人気の加工法。料金は1列3,500円になります。

コンビリング

複数の金属を組み合わせ、2種類以上のカラーで1本の指輪を仕上げる技法です。素材の違いにより料金は1本13,200~40,000円となります。

ハワイアン彫り

ハワイアンジュエリー特有の芸術的な彫刻を指輪の表面に施します。料金は、ワンポイントのみの場合が5,500円、全周の場合が30,000円となります。

石留め

ダイヤモンドを始め、希望の宝石を指輪にセッティングします。石の種類や品質、大きさなどにより料金は異なります。最低3,300円~。

レーザー刻印

レーザーを使用した刻印にも対応しています。表面の刻印は1文字550円、内側の刻印は1文字330円、イラストの彫刻は3,300~20,000円となります。

フランシスカで手作りした作品をご紹介

こちらの指輪の表面に入っている細いラインは、もともと入っていたものではなく、制作されたカップルさんによりひかれたラインです。シンプルなデザインでも、自分たちで作った指輪は特別な指輪になりますね。ストレートライン(曲がっていないタイプ)の指輪は、約1時間半~2時間くらいで制作できます。作りたい指輪のデザインが決まっていたら、画像や簡単な絵を描いて持参していくとスムーズに指輪づくりを行うことが出来ます。

プラチナ素材とピンクゴールドとのコンビネーションリングです。このように複数の金属を組み合わせて、2種類以上のカラーで1本の指輪を仕上げる技法を、コンビリングと呼びます。素材の違いにより料金は変わるので、詳しくは直接ご相談ください。フランシスカではプラチナと各種ゴールドを計7種類用意してあります。指輪の真ん中にはピンクダイヤモンドが2石入っています。フランシスカでは、天然のピンクダイヤモンドを手作りの指輪に入れることが出来るのも魅力の一つです。

二つの指輪を合わせると、ヒマワリになるリングです。素材はシャンパンゴールドです。ヒマワリの他にお花と葉が彫刻されリングを一周しています。こういったデザインをタガネ彫りのハワイアン風リングといいます。このリングは4㎜幅ですが、このくらい細かに模様を彫ることが出来ます。ハワイアン彫りは、ハワイアンジュエリー特有の芸術的な彫刻を指輪の表面に施します。リング全周の場合と、ワンポイントの場合で料金が異なってきますので、詳しくは相談の際に確認してみてください。

プラチナリングとシャンパンゴールドのリングです、リングの表面には、丸い面に粗めな艶けしがされています。艶けしにより、ビンテージ加工された指輪のような魅力が出てきます。指輪は熟練のプロの職人さんが一つ一つ金属の指輪に加工し、形を整えたり磨いたり、刻印を入れたりして丁寧に仕上げていきます。完成まで約1か月~1か月半かかり、繁忙期には約2か月かかることがあります。

波の模様とお花の模様がとても印象的なこちらの指輪は、レーザー刻印でデザインされています。レーザー刻印とはレーザーを使用した刻印で、リングの表面と内側に入れることが出来ます。イラストの彫刻も可能ですので、入れたいデザインがあればあらかじめ決めて相談に行くとよいでしょう。シャンパンゴールドとピンクゴールドの素材で、マット感が少しだけ違います。ピンクゴールドのほうがシャンパンゴールドより、きらきらと磨かれたような輝きがあります。

こちらの指輪はプラチナ素材のシンプルな仕上がりです。指輪の内側にはお二人の名前がローマ字で刻まれています。二つの指輪を合わせると、内側がハートマークになるような刻印がされています。二人のリングにはダイヤモンドが一つずつ埋め込まれています。フランシスカでは、ダイヤモンドをはじめ、希望の宝石を指輪にセッティングすることが出来ます。具体的な石の種類や品質大きさなどは、要相談してみてください。

フランシスカの手作り指輪の流れ・時間・料金

フランシスカで結婚指輪を手作りするときの流れ、手作りにかかる時間や料金の目安などを見てみましょう。

手作りの流れ

1.工房に予約を入れる

フランシスカの手作り結婚指輪コースは、完全予約制となります。事前に予約専用電話(080-8522-6477)で、制作を希望する日時の予約を入れましょう。

2.予約した日時に工房に行く

予約した日時に工房へ行きます。当日に持参するものは特にありません。二人の記念写真を残すため、カメラを持参するカップルも多いようです。

なお、服装は自由で構いませんが、各種の作業を伴うため汚れても良い服装を選んだほうが良いでしょう。

3.打ち合わせをする

スタッフとともに、デザインに関する打ち合わせを行います。希望するデザインを、イラスト等で描いて持ち込んでも構いません。デザインが決まっていない場合には、過去のサンプル等を参考に、スタッフの意見も交えながら検討していきます。

4.指輪作りをする

デザインが決まったら、ロウ素材を削って指輪の原型を制作していきます。最初から最後まで、熟練のスタッフが責任を持ってしっかりとサポートするので、モノづくりが得意ではないという方でも、安心して作業を進めていくことができます。

作業時間は約2~3時間。完成した指輪の原型を工房に預け、その後、職人が金属を使って原型を忠実に再現するという流れになります。

5.指輪の納品

手作りから約1ヶ月~1ヶ月半後に、職人による指輪作りが終了し納品となります。繁忙期には納品まで約2ヶ月かかることがあるので、余裕のあるタイミングで作業の予約を入れましょう。

手作りにかかる時間:約2~3時間

結婚指輪の制作には、おおむね2~3時間かかると考えてください。凝ったデザインほど作業時間が長くなりますが、スタッフがしっかりとサポートしながらの作業となるため、基本的に3時間を大幅に超過することはないでしょう。

料金の目安(ペア):約10万5千円~

素材の種類や量、オプション等の違いによって料金は変動します。男女ペアでの料金目安は、ゴールド素材で約10万5千円~となるでしょう。ボリュームゾーンは、男女ペアで約13万8千~18万円(プラチナ)とのこと。

フランシスカの3つの特徴

フランシスカの主な特徴・魅力について、改めて3つに分けて見てみましょう。

1.二人のオリジナリティを表現しやすいワックス製法を採用

一般に2種類ある手作り指輪の製法のうち、フランシスカが採用しているのはワックス製法と呼ばれるもの。もう一方の鍛造製法に比べ、デザインの自由度が高い製法です。二人の思いがこもったオリジナリティある結婚指輪を作りたい方には、フランシスカが採用するワックス製法がおすすめです。

2.カップルの希望に応じた様々なオプションを用意

フランシスカでは、一般的な手作り指輪工房で対応しているつや消し、ミル打ち、石留めなどのほかにも、レーザー刻印やハワイアン彫りなど、やや特殊なオプションにも対応。オプションを組み合わせることで、より二人らしい結婚指輪が完成します。

3.手作りシーンの撮影データをプレゼント

二人が結婚指輪を手作りしているシーンを、フランシスカのスタッフが撮影。指輪の納品にあわせ、撮影したデータを無料でプレゼントしています。結婚式のウェルカムボードや披露宴・二次会の演出などに、撮影データが大活躍することでしょう。

フランシスカの口コミ

インスタグラムでのフランシスカの口コミを紹介します。

結婚指輪について実際にフランシスカに問い合わせてみた!

結婚が決まり幸せムードの中、いざ指輪を買おうしてサイトを見てみても、欲しい情報がなかなか見つからない…!なんて頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。

当メディアでは公式サイトには掲載されていない、みんなが気になる情報を実際に質問してみました! 

「全部でどのくらいデザインがあるの?」「リング幅の最も細いものは?」「アフターサービスはどこまで無料で対応してくれるの?」などをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

A 店頭では、ストレートデザインが約50本、ウェーブデザインを約50本の、合計約100本を見ることができます。
フランシスカのホームページには、店頭にないデザインも多数載っています。気になるデザインはスクリーンショットを撮って持っていくと、似たデザインを見せてくれます。

A 基本は0.5号刻みです。ただし、8.7号や8.9号など、0.1号刻みで対応してくれるものもあります。

A 一生使う結婚指輪なので耐久力を考え、最も細くても1.5mmを推奨しています。
1.5mm以下の細さにすることも可能ですが、相談してみると良いでしょう。

A 小さなサイズ変更の場合は、2,000円です。
サイズを大幅に変更する場合は、4,000円~となっています。サイズアップの場合、足す金属の量によって金額が変わってきます。

A サイズ直し不可のものは特にありません。

■結婚指輪の商品一覧ページはコチラ
URL:https://www.instagram.com/explore/tags/af%E6%89%8B%E4%BD%9C%E3%82%8A%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E9%9B%86/?hl=ja

■店舗案内ページはコチラ
URL:https://a-francisca.com/access/

■来店予約ページはコチラ
電話にてご予約ください(予約専用電話:080-8522-6477)。

引用元

・画像
https://www.instagram.com/p/B1ZPWvXn6Ik/
https://www.instagram.com/p/CEYcaB8FAzX/
https://www.instagram.com/p/CDlKVBJl5uk/
https://www.instagram.com/p/CKO5OJzF9RJ/
https://www.instagram.com/p/CDVRcs1lTke/
https://www.instagram.com/p/B2qH59alFKY/

topics: 結婚指輪

結婚指輪の選び方
[PR] 銀座ダイヤモンドシライシ ※初めてのご来店で、アンケート記入とブライダルリングを試着頂いた方に限ります。 ※全国の銀座ダイヤモンドシライシで1組につき1回限りとさせていただきます。 ※ご本人確認させていただく場合もございます。 ※他サービス、優待、特典との併用は致しかねます。予めご了承ください。 ※ギフトカードはご来店日から1〜2週間後に郵送でのお渡しとなります。(ギフトカードが届かない場合はお手数かけて申し訳ございませんが店舗にご連絡ください。) ※サービスの内容は予告なく変更する場合がございます。