更新日:2020-10-29

結婚指輪ブランド図鑑

40代に人気の結婚指輪ブランドは?

40代になると責任のある仕事も任されるようになるなど、仕事の質がずいぶん変わってきます。ライフスタイルも変わって来ることから、普段から結婚指輪をゆっくり探すことができない、という人も多いことでしょう。どんなブランドが人気なの?と調べてみても、何だかもっと若い人たちに向けたような情報ばかり…。そんな40代の方々のために、ここでは40代に人気の結婚指輪ブランドをご紹介。それぞれのブランドから人気の結婚指輪もピックアップしてみました。すべての結婚指輪ブランドはこちらから

ルシエ

ルシエ

引用元:ルシエ
http://www.lucie.jp/bridal/weddingring/ripple.html

>ルシエ

ルシエは、世界に一つの「オートクチュール」ジュエリーを手掛けるブランド。価値のあるうつくしさを追求するオートクチュールの高い技術、オートクチュールブランドならではの上質な素材を使用。ブラダルリングは希望に合わせてエンゲージリングとの重ね付け重視のデザインと、おそろい感重視デザイン2種類を提案しています。

ルシエのブラダルリングは指への負担を少なくするため、すべてのリングの内側を丸く仕上げ、高い技術を取得した職人がふたりのために1点ずつ手仕事で制作しています。

ルシエジュエリーのコンセプトは「ルシエの庭」。草花や風、光など、自然の中にある風景がモチーフでやさしくやわらかい雰囲気。Ripple( リップル)は寄せては返すさざ波をイメージして作られたデザインです。

ゆるやかなラインがさざ波を、水面のきらめきをダイヤモンドで表現しています。素材は、ハードプラチナや、プラチナゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドの4種類。シンプルなデザインを選べば、離れていてもいっしょにいるような気持ちにさせてくれます。また、ウェディングドレスのようなやわらかなラインのエンゲージリング 「drape(ドレープ)」と重ねると、ダイヤモンドを輝きがより強調されて手元が豪華になりますよ。

Ripple( リップル)
価格(女性のみ) - 81,000円~(税別)(石は別料金)

俄

引用元:俄
http://www.niwaka.com/bridal/niwaka/wedding/hoshi-no-ne.html

1,200年の歴史を持つ京都で、日本を代表するジュエリーブランドが誕生。それは俄 (にわか)。日本の美意識を受け継いだジュエリーブランドは、卓越した職人技と四季折々のうつくしい情景や伝統的なモチーフ、厳選された素材を使用しています。

フォルムやバランスを極限まで緻密に設計し、妥協を許さない職人たちのこだわり。俄(にわか)のジュエリーは気品をまとい、存在感のある作品を生み出しているのです。まるで、ふたりがこれまでの出来事を思い返すように。ここに惹かれて俄 (にわか)の指輪を選ぶカップルもいます。

結婚指輪の特徴は、なめらかな指どおりと品質に優れた素材、高い硬度。一つひとつに日本のうくしい場面や思いが込められています。20代の女性よりも、40代の大人の女性に好まれていて、30代や40代の女性が好きなブランドの中でも上位を占めています。

星の音(ね)は、夜空に降り注ぐ星たちの音色が聞こえてきそうな繊細できらびやかな結婚指輪。男性用はビジネスシーンでも映えそうなかっこいいデザインです。指輪ケースは、桐箱と陶器、俄(にわか)を象徴する白と紫の2種類。ハードプラチナや、プラチナゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドの中から好みの素材を選択することができます。

星の音(ね)
価格(女性) - 145,000円~(税別)
価格(男性) - 123,000円~(税別)

TASAKI

TASAKI

引用元:TASAKI
https://www.tasaki.co.jp/bridal/bridal_collection/marriage/vero/RD-F2273-PT950/

TASAKIは、兵庫県神戸市に本社を置く宝石加工会社。TASAKIといえば「田崎真珠」が有名ですが、今ではダイヤモンドでも世界有数のブランドへと昇り詰めました。

その理由は、ダイヤモンドを原石から取り扱うことを許されたブランドに与えられる「サイトホルダー」の資格を取得とダイヤモンドを扱う「ディアマンテール」の存在。ダイヤモンドのうつくしさを決定する職人たちのストイックな姿勢がレベルの高い品質を実現させています。

TASAKIでは、現代的なデザインはもとより、要望があればオートクチュールジュエリーも提供しています。40代の女性好みのさまざまなオプションもあり。表面仕上げや表面石入れ、内側石入れなどを自由にオーダーすることができますよ。

ヴェーロ パヴェラインは、プラチナ素材にメレダイヤモンドを敷き詰め、寄せては返すさざ波をオリジナルのひねりで表現したブライダルリングです。まるで、永遠に続くふたりの愛を象徴しているよう。

V字ラインの指輪は、太くて短い指や長い指、細くて短い指や長い指の人向き。指とのバランスもバッチリです。ストレートラインとの相性もピッタリ。TASAKIのブライダルリングでは、 キアーロやブリッラテ、ピアノといったところが人気です。

商品名 VERO Pavé Line Ring/ヴェーロ パヴェライン
価格(女性のみ) - 137,500円(税込)

ブルガリ

ブルガリ

引用元:ブルガリ
https://www.bulgari.com/ja-jp/products/an856075.html

才能ある銀細工職人「ソティリオ・ブルガリ」が1884年に創業したブランド。イタリアならではの卓越したスタイルで世の中に進出しました。

ジュエリーの世界のルールをくつがえすよう新しい技術を導入。1920年代伝統的なフランス様式を受け継いだ、プラチナとダイヤモンドに幾何学模様を組み合わせた典型的なデザイン主流でしたが、1940年以降はイエローゴールドや、しなやかならせんが特徴のブルガリ独自のイタリアンスタイルが勢いを増して行きます。

イギリス人観光客から比べものにならないほどの支持を集めたブルガリはシスティナ通りの1号店を皮切りに、コンドッティ通りや観光地にブティックを出店。大きな成功を勝ち取るのです。ブルガリジュエリーの魅力は、「伝統と革新の融合」。高価なイメージを持つ人も多いでしょう。手が出ないくらいの高価なものだけではありません。

20万円以下のブライダルリング「CORONA」をご紹介します。ゆるやかな三角形のシンプルなライン。この波が打つようなラインは、王冠を表現しています。素材はプラチナ。0.3カラットのエンゲージリングとの相性もピッタリです。20万円台なら、リング幅3mm、真ん中にダイヤモンドをひと粒飾ったマリー・ミー ウェディング・リングもおすすめです。

CORONA
価格(女性のみ) - 176,000円(税込)

シャネル

シャネル

引用元:シャネル
https://www.chanel.com/ja_JP/watches-jewelry/fine-jewelry/p/coco-crush-wedding-band/J11117

40代の女性による好きなブランドのアンケートでトップ5に入る「シャネル」。シャネルの魅力は、デザインや素材だけではなく、ココ・シャネルの生き方。力強く生きていくその姿は、大人の女性のあこがれでしょう。

シャネルのジュエリーブランドは1932年に誕生しました。シャネルでは、ファインジュエリーとコスチュームジュエリーの2つを取り扱っています。ファインジュエリーは、結婚指輪や婚約指輪などのブラダルコレクションから、高級なジュエリーまでさまざまなコレクションを展開。

シャネルの代表的なコレクションは、花がモチーフの「カメリアコレクション」、フェミニンでモダンな「ココクラッシュコレクション」、白と黒のコントラストが絶妙な「ウルトラコレクション」など。その中からココクラッシュコレクションの結婚指輪をご紹介します。バツ印を刻んでふくらみを持たせ、模様を浮き上がらせるマチラッセのキルティングパターンを刻んだデザイン。自立した女性を表しているようです。

この指輪はプラチナ素材のシンプルな結婚指輪ですが、ホワイトゴールドの素材にダイヤモンドをあしらったリングや、リングの幅が太めのK18金イエローゴールドもありますよ。指のサイズや形に合わせて選んでみてくださいね。

ココクラッシュコレクション スモールモデル
価格(女性のみ) - 172,700円(税別)

MIKIMOTO

MIKIMOTO

引用元:MIKIMOTO
https://www.mikimoto.com/jp/g/gFR-275R/

創業者である御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功したのが、ジュエリーブランド「MIKIMOTO」。 「世界中の女性を真珠で飾りたい」という創業者の思いを受け継ぎ一世紀以上の歳月を捧げています。ハイジュエラーの条件を満たすのは東洋では「MIKIMOTOだけ」と言われています。

また、各国の王族や貴族などにジュエリーを届けるコートジュエラーとしても世界中に知れ渡っているのです。真珠だけではありません。1911年、ヨーロッパで門外不出だったダイヤモンド研磨機や加工機械を日本に持ち帰ったことから、日本におけるダイヤモンドの歴史はMIKIMOTOによって開かれたのです。

MIKIMOTOの特徴は、高さをおさえたデザインとなめらかな着け心地。リングに指を通すとわかるこの感触は、日本時の手のバランスや指のカタチを知り尽くしているMIKIMOTOならでは。この細やかな気配りが選ばれる理由なのです。MIKIMOTOでは、購入した時期にかかわらず、生涯にわたって可能なかぎりアフターケアを行っています。

ご紹介している「FR-275R」は、まわりに細かいクロスカット加工をした光沢のある作品。同じFR シリーズには、両サイドにミルグレインスタイルを施した「FR-281R」、ピンクゴールドとプラチナのコンビの「FR-279I」もおすすめです。

FR-275R
価格(女性のみ) - 104,500円(税込)

銀座ダイヤモンドシライシ

銀座ダイヤモンドシライシ

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ
https://www.diamond-shiraishi.jp/marriagering/bouquet_2.html

1994年ダイヤモンドの取扱専門店として銀座に誕生した国内のブランド。銀座や名古屋、心斎橋、福岡と全国46店舗で展開。銀座ダイヤモンドシライシの結婚指輪の特徴は、着け心地とデザインバリエーションの多さ、ダイヤモンドの品質の高さです。

かわいいマリッジリングは年齢的に合わない。洗練された大人のマリッジリングがほしい!と思っている40代後半の女性に人気です。ティストはシンプル、ゴージャス、エレガント。素材はプラチナやゴールドなど。

デザインは定番、ウェーブ、Vラインといった多彩なラインナップ。豊富な経験と専門知識を持ったコンシェルジュが、ふたりだけのマリッジリング選びをサポートしてくれますよ。オリジナルジュエリーボックスまたは花をイメージしたオリジナルリングピローで、大切なジュエリーを保管できます。

数あるブライダルリングの中から、「Bouquet/ブーケ」をご紹介。ふたりの気持ちを永遠に結んでほしいという思いを込めて制作された花束がモチーフのデザインです。「Bouquet/ブーケ」シリーズには、ブーケ クレッセントやブーケ ロココといったエンゲージリング、ブーケクレッセント、ブーケキャスケードのセットリングもそろっています。

Bouquet/ブーケ
価格(女性) -116,000円(税別)
価格(男性) -128,000円(税別)

エクセルコ ダイヤモンド

エクセルコ ダイヤモンド

引用元:エクセルコ ダイヤモンド
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/marriagering/nouvelle_mariee_fine.php

19世紀末ベルギーで誕生したエクセルコ ダイヤモンド。創設者「トルコウスキー一族」が創業したブランドです。約200年の歴史のあり、熟練の職人とベテランの鑑定士が在籍しているので、高品質な原石を選択することができます。

ベルギー発の世界ブランドですが、2020年現在、日本にしかショップはありません。そのため、日本人に合うシンプルで上品、飽きの来ないデザインが主流。40代の女性が好きな作品も多く取り扱っています。リーズナブルな価格も魅力的で、ある結婚指輪情報サイトの口コミでも花嫁さんが好きなブランドのトップ3にランキングされているほどです。

豊富なブライダルリングの中から「Nouvelle Mariee Fine/ヌーヴェル マリエ フィーヌ」をご紹介します。ヌーヴェル マリエ フィーヌはフランス語で「花嫁」。テーマは、愛を込めて贈る、光の花束です。男性が野の花を集めて花束にプロポーズしたという過去の出来事をイメージして作られました。

アイディアルブリリアントのダイヤモンドの7つの光が花束を表現しています。やわらかいラインがロマンチックな気分にさせるブライダルリングですね。幸せが満ちる喜びの花がテーマのボヌールフィールや、ヴィオラ、コロネットもおすすめです。

Nouvelle Mariee Fine/ヌーヴェル マリエ フィーヌ
価格(女性) -93,000円(税別)
価格(男性) -108,000円(税別)

結婚指輪のブランド一覧に戻る

topics: 結婚指輪