ふたりのこだわりが叶う結婚指輪ブランドをピックアップ!

ステイタスある結婚指輪7ブランドのストーリーと至福のリングをご紹介します。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

注目ブランド

こだわりの7大ジュエラー

「マリッジだってダイヤモンドの質で選びたい!」「王室御用達のジュエラーって憧れだな」「日本のブランドがやっぱり安心」etc、etc。一生に一度の結婚指輪ですもの、どこにポイントをおいて選ぶかは、カップルによって異なるものです。そこでこちらのページでは、これぞ、というふたりのこだわりが叶う世界の7大ブランドをちょっとしたトリビア付きでセレクト。理想にぴったりのリングに、きっと出会えます。

エクセルコ ダイヤモンドEXELCO DIAMOND

エクセルコ ダイヤモンド(イメージ)

輝きの聖地で200年の歴史を誇る、絶品ダイヤモンドブランド

ダイヤモンドの理想形として知られる「アイディアルラウンドブリリアントカット」。「エクセルコ ダイヤモンド」は、その発案者一族によるベルギー発のジュエラーです。特筆すべきは、ヨーロッパの王侯貴族に寵愛され、国宝級ビッグダイヤの数々をも手掛ける精密なカット技術。その極上の輝きを贅沢にあしらった結婚指輪は、ダイヤモンドの聖地・ベルギーで培われた繊細で貴族的なデザインも魅力。口コミ人気も上々の注目ブランドです。

オーケストラをイメージしたペアリング。厳選のダイヤモンドとイエローゴールドのラインが、リズミカルな旋律を奏でます。お揃いの婚約指輪とセット使いでより華やかに。

●アンサンブル〈プラチナ、ダイヤモンド〉

エクセルコ ダイヤモンド
http://www.exelco.com/

TASAKITASAKI

TASAKI(イメージ)

タイムレスな愛の指輪を届ける、日本のプレミアムジュエラー

高品質のパール製品はもちろんのこと、高度なダイヤモンド研磨技術を確立した日本唯一のメゾンとしても知られる「TASAKI」。自社製造への飽くなきこだわりが生み出した独自の「TASAKIスタイル」で、世界のジュエリー愛好家を魅了するプレミアムジュエラーです。ブライダルコレクションには独自の硬化処理を施したオリジナルプラチナ「Pt950」を採用し、繊細さと艶やかさを合わせ持つタイムレスな輝きにさらなる強さ、美しさをプラス。一生愛せる逸品と出会えます。

TASAKIオリジナルの「SAKURAゴールド」が有機的な曲線を描いてきらめく結婚指輪です。手指に優しくなじむ色とフォルムにうっとり。

●ラベッロストーン SAKURAゴールド ダイヤモンド〈SAKURAゴールド、ダイヤモンド〉

TASAKI
http://www.tasaki.co.jp/

ヴァンクリーフ&アーペルVan Cleef & Arpels

ヴァンクリーフ&アーペル(イメージ)

伝統のクラフトマンシップきらめく、ロマンチックな結婚指輪

エステル・アーペル&アルフレッド・ヴァン クリーフのカップルにより、1906年に設立された「ヴァン クリーフ&アーペル」。夫婦愛の物語から生まれたロマンチックな結婚指輪は、伝統の職人技により細部まで精巧に磨きあげられた創りのよさも特筆に値するもの。流動的でエレガントなフォルム、緻密でデリケートにセッティングされたダイヤモンドや小さなモチーフのひとつひとつに、老舗メゾンのこだわりを貫いています。

創業者のひとり、エステル夫人の名を冠した結婚指輪は、可憐なビーズを連ねた華奢なアームラインが印象的。同シリーズのエンゲージリングとぴったり重なるのも素敵です。

●エステル マリッジリング〈プラチナ〉

ヴァンクリーフ&アーペル
http://www.vancleefarpels.com/

グラフGRAFF

グラフ(イメージ)

世界のセレブリティを夢中にさせる稀代のジュエラーで指輪探し!

創業者、ローレンス・グラフがロンドンのボンドストリートに初のブティックを構えたのは1960年の出来事。以来「グラフ」は、たった一代でハリー・ウィンストンと肩を並べるほどの成長を遂げました。超がつくほど巨大、しかも無色透明の美しすぎるダイヤモンドの扱いに掛けては超一流で、その輝きを引き立てるデザイン性の高さにも高い評価が。丹念な手作業で生み出される結婚指輪は、稀少な輝きとエレガンスを兼ね備えた名作揃いです。

燦然ときらめくラウンドダイヤモンドから目が離せない、優雅でゴージャスなエタニティリング。これひとつで、華やかなパーティシーンも主役級の輝きに!

●キャッスルセットエタニティーリング〈プラチナ、ダイヤモンド〉

グラフ
http://www.graffdiamonds.com/

モーブッサンMAUBOUSSIN

モーブッサン(イメージ)

ヴァンドーム広場でひときわのエスプリを放つ、憧れグランメゾン

1827年創業、パリの五大宝石商のひとつである「モーブッサン」。1878年に開催されたパリ万博で初のメダルを受賞後、フランスを代表するグランメゾンとして多くのコレクションを発表。女性が自分自身に贈りたくなるジュエリーにいち早く着目したことでも知られます。シンプルでありながらシンボリック、日常を輝かせる高品質の結婚指輪は、そんなモーブッサンの革新性とエスプリを実感させるこだわりの逸品です。

光を受けて繊細にきらめく、リュクスなゴールドの三連リング。リズミカルにあしらったダイヤモンドがみずみずしく輝いて、はっとするほど印象的な女性像を演出します。

●ル・プルミエ・ジュール リング 三連ダイヤモンドパヴェ〈レッドゴールド、ダイヤモンド〉

モーブッサン
http://www.mauboussin.jp/

ブシュロンBOUCHERON

ブシュロン(イメージ)

伝統の技と美学が香る、モダンでスタイリッシュな個性派マリッジ

150年以上の歴史を誇る名門ブランドでありながら、常に時代を先取りしたスタイルを追求し続けるグランサンクの雄、「ブシュロン」。そのモダンでスーパークールなジュエリーは世界中のファッショニスタやセレブリティを魅了してやみません。近年、多彩な色彩のゴールドで描き出すグラフィカルな個性でブームを呼んだ「キャトル」は、結婚指輪としても絶大な人気を誇っています。

メゾンの象徴的なモチーフが醸し出すクラシカルな気品と、どこかロックスピリットを感じさせるブラックが斬新な調和を生み出して。お洒落カップル垂涎の人気モデルです。

●キャトル ブラック マジックリング〈ホワイトゴールド、ブラックPVD、ダイヤモンド〉

ブシュロン
http://jp.boucheron.com/

ショーメCHAUMET

ショーメ(イメージ)

あのナポレオンも愛用! 数々の伝説を秘めた王室御用達ブランド

1780年の創業以来、ヨーロッパの王侯貴族が競うように身に着けたことで知られるパリの老舗ブランド「ショーメ」。あのナポレオン一世をはじめ、婚姻用のジュエリーも数多く手掛けたことから、永遠の愛を象徴するブランドとしても世界中のカップルを魅了しています。とりわけ、深い絆を意味する「リアン・ドゥ・ショーメ」はそんなメゾンの伝統を物語る代表的コレクションのひとつ。ネックレスなど結婚指輪とコーディネートできるアイテムも豊富です。

プラチナのストレートアームを、一本のラインでリンクする結婚指輪。メゾンを象徴する「愛のジュエリー」をシンプルに表現した美しいリングです。

●リアン・ドゥ・ショーメ プラチナ〈プラチナ〉

ショーメ
http://www.chaumet.jp/