サージカルステンレス 結婚指輪としても注目されるその特徴

結婚指輪の中で、サージカルステンレスの素材で作るケースが増えています。その大きな特徴はアレルギーフリーであること。金属アレルギーの方も安心して装着できるリングです。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

素材で選ぶ結婚指輪

サージカルステンレス

近年、結婚指輪などを作製する工房で、サージカルステンレスという素材が注目されています。
サージカルステンレスとは、決して新しく発見された素材でもなければ、画期的な新しい配合比率で作られた人工金属でもありません。わたしたちの身の回りに昔から存在する普通の金属です。
今なぜこの素材が注目されているのでしょうか?ここでは、サージカルステンレスの秘密に迫ります。あわせて、この素材を使って結婚指輪を作っているブランドも紹介します。

ジュエリー界の革命児?
サージカルステンレスの驚くべき特徴とは

サージカルステンレスとは、厳密にいえば医療用に使われているステンレス素材のこと。外科手術の際のメスや、歯科治療の際のインプラントなどに使用されます。
ステンレスにはいくつか種類があるのですが、配合される素材はほぼ同じなので、大きなくくりで「サージカルステンレス=ステンレス」と考えておいて差し支えありません。

サージカルステンレスには素晴らしい特徴がいくつかあり、その特徴を活かして、近年ではジュエリーブランドでもリングの素材として注目されています。
1つ目の特徴は、アレルギーフリーという点です。サージカルステンレスは医療用にも用いられるほどですから、人体にほとんど影響を及ぼしません。インプラントのように、何年も体内へ埋め込んでも、特にトラブルは発生しないほどです。
2つ目の特徴は、サビや変色に強いという点です。台所のステンレスには毎日大量の水、こぼれ落ちた塩、そして酸素が日常的に浴びせられていますが、一向に錆びる気配はありません。変色もなく、雑巾で磨けばピカピカになります。サージカルステンレスも同じ素材ですから、どれだけ強い素材なのかお分かりでしょう。

以上2つの特徴を活かして、「長年着用するジュエリー」の素材として注目されています。おそらく、人が一生で一番長く着用するジュエリーは結婚指輪でしょう。これらのことからサージカルステンレスは、結婚指輪もしくは婚約指輪の素材として注目を集めているのです。

株式会社ジェイ・ビー・シーJBC

株式会社ジェイ・ビー・シー(イメージ)

金属アレルギーフリーの素材が専門、オシャレなデザインも魅力

店舗名は「金属アレルギー専門店」。チタンやサージカルステンレスなど、店名通り、金属アレルギーフリーの素材を使ったジュエリーを数多くリリースしています。
サージカルステンレスを使った結婚指輪として、まずはproof of love(愛の証)の文字が刻印された「ペアリング サージカル ステンレス スチール (316L)」が人気。キュービックをワンポイント配したデザインがオシャレです。
また、ペアで並べることでハート形を描く「ペアリング ステンレス (316L)」にも注目。「ずっと一緒に」を意味したalways togetherという文字が刻印されています。
青い星屑がサイドに散らされたような「ペアリング サージカル ステンレス スチール(316L)」も人気。イタリア語で「愛している」を意味するTi amoの刻印があしらわれています。

株式会社ジェイ・ビー・シー
http://www.titan555.jp/

株式会社ザ・キッスTHE KISS

株式会社ザ・キッス(イメージ)

シャープさと華やかさを両立させたデザインが特徴

渋谷に本部を置く、アクセサリーの企画・製造・販売会社。ディズニーコレクションを多く扱うなど、通販を通じて広く人気のあるジュエリーショップです。サージカルステンレス素材を中心に使ったコレクションを多く扱っているのが特徴です。
ステンレス製の結婚指輪として人気なのは、シャープさと華やかさを両立させた「キュービック ピンク&ブラックイオンプレーティング ステンレス」。女性用にはホワイト、男性用にはブラックのキュービックジルコニアが、リングを周回しているデザインです。
また、ステンレスながら華やかなフォルムを実現した「ダイヤモンド ピンク&ブルーイオンプレーティング ステンレス」も人気。二本のリングを重ね合わせたようなデザインで、それぞれがクロスする形で固められています。裏面には、My heart goes to you(あなたに私の気持ちを贈ります)という文字が刻印されています。

株式会社ザ・キッス
https://www.thekiss.co.jp/