結婚指輪の中でも世界中の人々を魅了するゴールド

愛の輝きを引き立たせるゴールドは、日本のみならず、世界中のカップルからも人気が高い結婚指輪です。その美しい輝きの数々をご覧ください。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

素材で選ぶ結婚指輪

ゴールド

ゴールドは、純度の違いによって10Kから24Kまで大きく5種類に分けられます。一般に人気なのは18K。純度75%の金のことです。
最高純度の24Kは純度99.99%以上になりますが、柔らかく傷がつきやすいという弱点もあるため、使う人によっては必ずしも理想の素材とは言えません。
ゴールドに他の金属を配合したピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドなども人気です。

銀座ダイヤモンドシライシGINZA DIAMOND SHIRAISHI

銀座ダイヤモンドシライシ(イメージ)

二人だけの時間が、永久に流れる様を表現

なめらかな流線を描くリングデザイン。3つの流れ星をイメージし、小粒のダイヤモンドを3つ配置しています。それぞれのダイヤモンドが最高の輝きを放つことができるよう、石座はダイヤモンドより少し大きめに作られているのが特徴です。
カップル二人だけの時間が、美しく永遠に流れていく様を表現したマリッジリング。パーティーなどのオフィシャルな場でも、あなたを指元から引き立ててくれる気品漂うデザインです。

●プロミティア

銀座ダイヤモンドシライシ
http://www.diamond-shiraishi.jp/

カルティエCartier

カルティエ(イメージ)

カルティエのリングの中でも不動の人気を誇る逸品

シンプルでクラシックなデザインのゴールドリング。定番のデザインながら、数あるカルティエの結婚指輪の中でも、人気投票は4位と不動の地位を維持しています。
シンプルだからこそ飽きが来ず、また、どんな場面にも自然になじみます。生涯着用し続ける結婚指輪としては最高のデザインと言えるでしょう。
素材純度は18Kで、イエローゴールド。同デザインにはプラチナ素材もあります。表面にはまったく凹凸がないので、日常のお手入れは簡単。サイズ直しも難なくできます。

●クラシック ウェディング リング

カルティエ
http://www.cartier.jp/

ティファニーTiffany and Co.

ティファニー(イメージ)

小さなダイヤモンドの輝きが高級感を演出

ブリリアントカットダイヤモンドを備えたゴールド素材の結婚指輪。リングの中央には「Tiffany&Co.」のブランド名が大きく刻印され、文字の両サイドにダイヤが埋め込まれています。
純度は18Kで、肌の色に近いローズゴールド。日常に溶け込むような控えめな全体像の中にも、小さなダイヤの輝きが高級感をかもし出しています。

●バンドリング

ティファニー
http://www.tiffany.co.jp/

イノーヴェENUOVE

イノーヴェ(イメージ)

イタリア語で「花壇」を意味する、かわいらしさを表現したデザイン

女性用、男性用、ともにプラチナと金を素材にした結婚指輪。プラチナのホワイトを縁取るように両サイドを金が周回しています。
女性用は、リングの中央に、小粒のダイヤモンドをタテ一列に5つ並べたデザイン。男性用は、リングの中央に小粒のブラックダイヤモンドを1つ埋め込んだデザイン。アイウォーラとは、イタリア語で「花壇」を意味しますが、まさに花壇のようなかわいらしさと上品さを兼ね備えたデザインです。
デザインがシンプルなので、重ね着けにも人気です。

●アイウォーラ

イノーヴェ
http://www.enuove.com/

ラザールダイヤモンドLAZARE DIAMOND

ラザールダイヤモンド(イメージ)

優雅なダイヤの輝きが、女性の美しさを引き立てます

あえて軽くツヤ消しをしたゴールドの輝きが、逆にエレガントな印象を作り出しています。女性用はセンターに0.03カラットのダイヤモンドを1個埋め込んだデザイン。
ラザールダイヤモンドの「ニューヨーク・クラシカコレクション」の一つで、繊細な音色作りのために磨かれた、ニューヨークの管楽器工房の高い技術がリング作りに活かされています。金にして高い硬度を持つのが特徴で、サイズ直しは不可能。サイズ変更はリング交換で応じています。
ロックフェラーセンターでライトアップされる、プロメテウス像をモチーフにしたリングです。

●CHANNEL GARDEN

ラザールダイヤモンド
http://www.lazarediamond.jp/