指輪周辺の皮がむける原因と対処法とは?

アイキャッチ

指輪が触れている部分だけなら金属アレルギー、そうでなければ菌の感染かも

指の皮がむけたときは、まず、指のどの部分の皮が多くむけているかを見てみましょう。指だけではなく、手のひらに広範囲の皮むけが見られる場合には、白癬菌などの菌感染が疑われます。白癬菌とは、簡単に言えば水虫菌のこと。すでに足にも水虫が見られる場合には、菌が手に移動繁殖した可能性があります。

足に水虫がない人は、他の原因が疑われます。結婚指輪が触れている部分に限定して皮むけが見られる場合には、金属アレルギーの可能性があるでしょう。あるいは、指輪周辺を含めて手の甲などにも炎症が見られた場合には、いわゆる主婦湿疹を発症しているのかも知れません。

ここでは、指輪周辺に重点的に見られることがある皮むけの症状として、以下の2つについて詳しく解説します。

  • 金属アレルギー
  • 主婦湿疹

いずれの症状も、速やかに皮膚科を受診して適切な処置を受けることが基本です。

金属アレルギー

結婚指輪などを着用するようになり、ほどなく指に炎症や水ぶくれ、皮がむけるなどの症状が起こった場合には、金属アレルギーの可能性があります。

金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは、特定の金属の成分に皮膚が反応してしまい、様々な皮膚症状を引き起こしている状態のこと。一度金属アレルギーを発症すると、治ることはありません。指輪だけではなく、ピアスなどの着用でもよく聞かれる症状です。

指輪から金属成分が流れ出すことが原因

金属アレルギーの原因物質は、指輪の金属素材から流れ出た成分。汗などの影響によって素材成分が流れ出し、イオン化してアレルゲンとなり金属アレルギーを引き起こします。

ところで、どのような種類の金属であっても、イオン化はかならず起こりうる現象なのですが、種類によっては「イオン化しやすい金属」と「イオン化しにくい金属」とがあります。

これらのうち「イオン化しやすい金属」が、金属アレルギーを起こしやすい素材、ということです。

  • イオン化しやすい金属…ニッケル、コバルト、クロムなど
  • イオン化しにくい金属…ゴールド、プラチナ、シルバーなど

一般に結婚指輪に多く用いられるゴールドやプラチナは、イオン化しにくい部類。よって、金属アレルギーの発症頻度も高くはありません。

ただし、ゴールドやプラチナの強度調整や表面加工の過程で、素材の中に金属アレルギーを起こしやすい素材が混合されることがあります。

指輪を外すか、化粧品などでアレルゲンをブロックする

アイキャッチ

金属アレルギーを一度発症すると、以後は、その素材に触れるたびに炎症を起こしてしまいます。

体質や遺伝の要素が強い症状なので、根治させる方法は、今のところありません。よって、結婚指輪で金属アレルギーを発症してしまった場合には、残念ですが指輪を外すしかないでしょう。

化粧品などを指に塗り、アレルゲンの浸透をブロックするという方法も紹介されることがありますが、効果のほどは不明です。

せっかく買った結婚指輪を着用できなくなることは、非常に寂しいこと。できれば結婚指輪を購入する前に病院でパッチテストを受けて、特定の金属に対するアレルギーがないかどうかチェックしてみるようお勧めします。

主婦湿疹

結婚してほどなく、手に主婦湿疹と呼ばれる症状を持つ人がいます。主婦湿疹とは、水仕事が原因で発症する皮膚トラブルのこと。

炎症やひび割れ、皮剥け、水ぶくれなど様々な症状を見せるトラブルで、主婦の場合は結婚指輪の下や周辺に発症する例が多く見られます。

主婦のみならず、美容師や飲食店の店員など、水を使う職業の人たちにもよく見られる症状です。

指輪周辺に残った洗剤が主婦湿疹の直接的な原因に

主婦湿疹の原因は、皮膚への雑菌や刺激物の侵入。結婚して水仕事が急激に増えたことがきっかけで、手の皮膚の角質や皮脂が洗い流されて肌のバリア機能が低下。バリア機能が低下したところに、雑菌や洗剤などの刺激物が入り込んでくることで、様々な皮膚トラブルを起こします。

主婦の場合、洗剤をしっかりと手から洗い流したつもりでも、結婚指輪の下や周辺にわずかな洗剤が残っていることがあります。

これら洗剤による継続的な刺激が原因となり、主婦湿疹を発症する例が多く見られるようです。

ご安心を。主婦湿疹は治ります

主婦湿疹は、金属アレルギーとは異なって皮膚科で治せる症状。ステロイド系の外用薬を塗ることで症状は徐々に治まっていきます。よって主婦湿疹が疑われた場合には、速やかに皮膚科を受診しましょう。

また、主婦湿疹を発症させないために、水仕事をするときにはゴム手袋を着用することも効果的。

あるいは、皮膚に刺激の少ない天然成分由来の洗剤を使用するなど、なるべく皮膚が洗剤の刺激を受けないような工夫をしてみてください。

指輪周辺の皮がむける!症状と原因まとめ

1.金属アレルギー

結婚指輪の金属素材が溶け出してイオン化し、金属アレルギーを発症することがあります。ゴールドやプラチナなど、一般に広く結婚指輪に使用されている金属については、金属アレルギーの発症頻度は高くありません。

ただし、素材に混合されている別の金属の影響でアレルギーを発症することがあるので要注意です。結婚指輪を購入する前に、病院でパッチテストを受けることをお勧めします。

2.主婦湿疹

結婚して水仕事が急激に増えると、結婚指輪の周辺や手の甲が炎症を起こし、赤くなったり皮がむけたりすることがあります。

洗剤による刺激が原因の一つなので、水仕事を行なった後は、よく洗剤を洗い流してください。ゴム手袋の着用なども効果的です。

主婦湿疹はステロイドの塗布で治る症状。発症が疑われる場合には、速やかに皮膚科を受診しましょう。

結婚指輪のブランド一覧はこちら