婚約指輪とは違う結婚指輪の選び方

結婚指輪は、実用性や彼の希望も尊重して選びましょう。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

結婚指輪の選び方

エンゲージリングとは違う結婚指輪の見極め方(イメージ)

エンゲージリングとの違いって!?幸せになれる結婚指輪の見極め方

最愛の彼との「絆」リング、どう選ぶのが正解?

「結婚指輪ってエンゲージリング[婚約指輪]とどう違うの?」「彼とお揃いじゃなきゃ駄目?」などなど、初めてのことだけに何かと疑問の多い結婚指輪選び。こちらのコーナーでは、その見極め方についてわかりやすく解説していきましょう。

夫婦の証に交換する一組のリングが「結婚指輪」

ドラマなどに登場するプロポーズのシーンで、男性が意中の女性に差し出す、まん中にダイヤモンドがついたリング。あの指輪がエンゲージリング[婚約指輪]であることは、ご存知でしたか? 結婚の約束をした記念に、男性から女性へと贈られる指輪のことです。

対して結婚指輪[マリッジリング]は、夫婦になった証に彼と彼女が交換しあう一組のリングのこと。結婚に際して、女性のみが身に着けるのが婚約指輪で、男女ともに身に着けるのが結婚指輪である(例外もあります)、ともいえるでしょう。

毎日着けるものだから、実用性も大切です

婚約指輪に関しては、家事や仕事の際に少しわずらわしく感じたり「もったいなくて……」といった理由で、特別なお呼ばれの席など外出時限定と決めている女性は多いもの。けれど結婚指輪については、やはり男女ともに肌身離さず毎日愛用するもの、との認識が高いようです。

そう、四六時中、そして長く身に着ける結婚指輪にとって、最も大切な要素は「実用性」。ジュエリーに対してそんないい方は、と思われるかもしれませんが、言い換えれば品質第一! ということなのです。一生着けるものですから、上質なプラチナやゴールドをしっかり使った、ゆがみにくく傷のつき難いリングでなくては。そして毎日のことを考えたら、重すぎて疲れてしまうような指輪や、個性的すぎて身に着けるシチュエーションや年代を選んでしまうデザインも生涯の愛用にはやはり
不向きです。

厳選された素材で細部まで丁寧につくられ、かつ使い勝手のいいデザインのもの。
それが、理想の結婚指輪といってよいでしょう。

彼の希望も尊重して選んで。実はペアにこだわらなくてもOK!

結婚指輪は彼とともに身に着けるものです。男性の中にはジュエリーを着けなれていない人も多いので、選ぶ際には女性が主導権を握るのもいいでしょう。その場合、くれぐれも一方的な意見の押し付けには気をつけて。結婚指輪は彼とお揃いのデザインでありたい、それもひとつの理想ですが、いくら彼女の好みでも、日頃スーツ姿で働く彼に甘めのフェミニンモチーフをすすめるのは酷というもの。日頃から気が合い、愛し合うカップルも、似合うものや好きなものはそれぞれ違うのです。

そんな場合は、いっそのことペアにこだわらなくてOK。形だけお揃いにしてそれぞれゴールドとプラチナにしたり、彼女のリングだけダイヤモンド入りにして華やかに、といった「素材違い」なら、十分に統一感が感じられるのでおすすめです。かなり好みが違うというカップルなら、いっそブランドだけ統一してあとは互いの自由に選ぶ、というのも現代風でアリかも。いずれの場合にせよ、結婚指輪は「ずっと仲良く身に着けましょうね」という気持ちで一緒に選んだリングであることが
大切なのです。

婚約指輪と兼用で、ちょっとゴージャスなマリッジに

最近では婚約指輪を購入しない、というカップルも多いぶん「絶対欲しいとは言わないが、ないのも寂しい」と考える女性も増えているようです。そこで選択肢に加えたいのが、エンゲージリングを兼ねたちょっとゴージャスなマリッジリング。上質なメレダイヤたっぷりのパヴェタイプやエタニティタイプがおすすめですが、華奢なリングをシーンに応じて何本か重ね着けするコーディネートスタイルも、個性的でお洒落な花嫁にぴったりです。