結婚指輪の価格相場

代表的なマテリアルを知ってお気に入り結婚指輪を探しましょう。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

結婚指輪の選び方

種類やデザインによる価格の違いは?(イメージ)

種類やデザインによる価格の違いは?

素材やストーンの有無による価格をチェック

彼から贈られることも多い婚約指輪と違って、結婚指輪は2人がつけるものなので、2人で一緒に選ぶカップルが多いようです。毎日身につけるものなので、自分たちが気に入ったものを選ぶことがいちばんですが、やっぱり気になるのは価格です。指輪の種類別に価格相場をご紹介します。

最多価格帯と平均購入額

結婚指輪の価格は、素材の種類やデザイン、ブランド品かノーブランドかによっても変わってきますが、購入額は、2人合わせて10万~30万までと幅広いようです。
一番多い価格帯は、2人合わせて20万~25万。平均購入額は、約21万円となっています。

アームの素材(マテリアル)による価格の違い

指輪のアームの素材によって、結婚指輪の価格に違いはあるのでしょうか。
結婚指輪の素材としては、プラチナが一番人気で、多くのカップルに選ばれています。プラチナは、熱に強く変色やサビの心配も少ないことから、不変の愛の象徴とも言われています。一方、最近は、強度を強めたゴールドや、配合するゴールドの量を変えたピンクゴールド、プラチナとゴールドのコンビタイプも注目されています。

プラチナやゴールドなど素材による価格の違いは、「希少性」がポイント。プラチナはゴールドよりも希少性が高いため、価格も比較的高めとなる傾向があります。
また、プラチナは価格の変動が激しいのも特徴です。

また、加工に要する手間や技術も価格にかかわってきます。プラチナの加工にはより高度な技術が必要になるため、指輪の価格も高めになるのです。

★石を入れないシンプルなリング(幅2mm)の価格例

  • ・プラチナ…106,100円~
  • ・ホワイトゴールド…84,500円~
  • ・ピンクゴールド…73,500円~
  • ・イエローゴールド…75,100円~

ストーン入りの結婚指輪の価格

結婚指輪は普段もずっと付けていることが多いため、シンプルなデザインを重視する方が多いようです。が、最近は、男性の3割近く、女性の8割以上が石入りのリングを選んでいるようです。

人気は、やはり圧倒的にダイヤモンド。0.3カラット前後のものが人気です。そのほかに、誕生石や好きな石を入れる方も多いようです。
石入りだと当然、その分値が張ってきます。
ダイヤモンドの価格は4Cによっても変わってきますが、女性だけ石ありのリングにした場合、男性より5万円前後お高くなったというカップルが多いようです。

結婚指輪に入れるダイヤモンドは、有名ブランドなどでは特定のクラス以上のもの以外は扱っていなかったりしていますが、ダイヤモンドは、同じ条件で取引されているため、同じ条件の品物を賢く購入することができる場合もあります。
(ノーブランドで10万円前後のリングが、同じグレードでも有名ブランドでは、30万以上という例もあります。)