豪華で気品のある結婚指輪 エタニティ

リングの上を回るかのように、ダイヤが敷き詰められた結婚指輪がエタニティです。永遠の愛という意味が込められたリングの数々をご覧ください。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

結婚指輪の選び方

結婚指輪に向いているエタニティリングの選び方(イメージ)

結婚指輪に向いているエタニティリングの選び方

エタニティを結婚指輪にするのは「アリ」です

ゴージャスなのに上品な雰囲気を持つエタニティリング。一般に、結婚指輪には使われていないような印象がありますが、本当のところはどうなのでしょう?
ここでは、エタニティリングに関する基礎知識をご紹介します。

基本のおさらい・エタニティリングとは?

エタニティリングとは、リングの上を周回するように、ダイヤが一列に一周ちりばめられた指輪のこと。
たくさんの小さなダイヤが、リングに沿ってぐるりと一周しているその様は、「始まりも終わりもない」ということを象徴します。つまり、「永遠の愛」という意味を込めて、エタニティ(eternity=永遠)リングと名付けられました。

もともとエタニティリングには、結婚記念日などに男性から女性へ贈る習慣がありました。しかし現在ではそこまで厳格な意味は持たず、気軽にオシャレを楽しむ女性たちが身につけるようにもなっています。

ちりばめられた多くの小ぶりなダイヤモンドからは、面という面から無数の光が放たれています。控えめで上品なゴージャス感を演出するということで、多くの女性たちから人気です。

エタニティリングを結婚指輪にするのはアリ?

最近、エタニティリングを結婚指輪として利用する人も多いようです。従来の結婚指輪の固定観念とは少々イメージが異なってしまいますが、そもそもエタニティリングを結婚指輪に利用するのはアリなのでしょうか?

結論から言うと、アリです。
ただし、どんなエタニティリングも結婚指輪に利用できる、というわけではありませんので注意してください。結婚指輪にふさわしい形状のエタニティリングを選ぶ必要があります。

結婚指輪とは、四六時中、身につけているものです。仕事をしているときも、食事をしているときも、スポーツをしているときも、料理を作っているときも、寝ているときも、いつも左の薬指に存在します。
いつでも身につけている以上、日常生活の邪魔になるような形状であったり、ぶつけたらダイヤが外れてしまうような構造であったりしてはなりません。

エタニティリングの形状・構造はいくつかに分類されますが、大きく分けると二種類になります。
ダイヤモンドを一つ一つ爪でとめているタイプか、または、金属のリングの中に挟み込んでいるタイプか、です。前者を「共有爪留め」「4爪留め」などと言い、後者を「レール留め」などと言います。
簡単に言えば、リングの外側にダイヤが載せられたタイプが「共有爪留め」「4爪留め」で、リングの内側にダイヤが挟みこまれたタイプが「レール留め」です。

日常の中での装着に適しているのは、「レール留め」のエタニティリング。構造上、料理や家事の邪魔にもなりませんし、ぶつけても石が外れてしまうこともありません。
「共有爪留め」「4爪留め」のエタニティリングでは、手先を使う作業でいちいちストレスを感じてしまうかも知れません。また、ぶつけてしまうとダイヤモンドが外れてしまう可能性もあります。

ただし、これらはあくまでも大雑把な分類。リングによって特性が異なりますので、実際に購入する際には、過剰にタイプにとらわれすぎずに、一つ一つ手に取って確認してみてください。

普段使いにお勧めのエタニティリング

  • Carrelet Full Eternity<カルレ フルエタニティ> ¥255,000~
    ・銀座ダイヤモンドシライシ
    ・銀座ダイヤモンドシライシのエタニティリングは、ぜんぶで10種類。比較的、華やかなタイプが多めです。
  • BEAU LAC 6L<ビュー レック6l> ¥330,000
    ・エクセルコダイヤモンド
    ・比較的ゴージャスなタイプのエタニティを揃えているのが、エクセルコダイヤモンドの特徴。種類が豊富です。
  • tritone LD<トリトーネ LD> ¥148,000
    ・アイプリモ
    ・スマートなデザインが多いアイプリモのエタニティ。価格がリーズナブルで、デザインが豊富です。