ダイヤモンド入り結婚指輪が人気の理由とは?

いまや結婚指輪はダイヤモンド入りがマスト!?その魅力と着けこなし方を紹介します。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

結婚指輪の選び方

ダイヤモンドリングが人気の理由(イメージ)

「ダイヤモンドマリッジ」の人気の理由とは?

稀少な輝きに心惹かれる、最新マリッジスタイルとは?

ダイヤモンドをセットしたキラキラスタイルは、女性用マリッジリング[結婚指輪]の主流となるほどの人気。シンプルなひと粒メレからリング全体を上質の輝きで埋め尽くしたパヴェ、エタニティまで種類も多彩です。このコーナーでは、その魅力や着けこなし方をお伝えしましょう。

レディスマリッジの世界はいまや「ダイヤモンド入り」がマスト!?

海外ブランドから百貨店、ブライダルリング専門店まで、数多くのジュエリーショップを取材した我々編集部。そこで気づいたことのひとつが「イマドキの結婚指輪って、ダイヤモンドが入ってるんだ!」ということでした。もちろん、プラチナやゴールドなどの地金のみでつくられたリングも多いのですが、ショーケースでひときわ目立つ女性用の結婚指輪には、ほぼメレダイヤ(小粒のダイヤモンドのこと)がセットされ、キラキラとした輝きを放っていたのです。

ダイヤモンドは、永遠。だから結婚指輪にもぴったり

バリエーションも幅広く、たとえばごくシンプルなものなら男性用と全く同じデザインのプレーンなアームラインに、小さなメレダイヤをひと粒だけあしらったもの。もう少し華やかなものになると、3石のメレダイヤでジュエリーの定番スタイル「スリーストーン」を踏襲したものや、7粒のきらめきで幸福の数字「ラッキーセブン」を表したものなども。

さらにアームの半周~一周にダイヤモンドをセットしたエタニティタイプや、最高峰にゴージャスなメレダイヤびっしりのパヴェ(石畳)セッティングまで、本当に多くのバリエーションが揃うのです。もう、迷ってしまいそうなほどに!

そのきらめきに、私たちが惹かれる理由……。それはダイヤモンドが「永遠」の愛の象徴であることに尽きるでしょう。稀少で美しいだけでなく、この地球上で最も硬く、何ものにも傷つけられることのない特別な宝石、ダイヤモンド。だからこそエンゲージリングはもちろんのこと、ふたりで一生身に着ける結婚指輪を飾るのにもふさわしいのです。

洋服などに引っかかりづらく、着け心地なめらかなリングを選ぼう!

そんな魅力たっぷりのダイヤモンドマリッジですが、選ぶならどんなことに気をつけるべきでしょうか。デザインの好みはそれぞれとして、アームの高さ、そしてダイヤモンドを留める爪は最低限、チェックしておきたいところ。日常生活に支障がないよう、どちらも低めに、そしてなめらかに仕上げられているものが望ましいでしょう。万が一、爪もセッティングもガタガタで仕上げの良くないリングを選んでしまったら、ストッキングに引っかかってしょっちゅう伝線したり、爪が起き上がってしまってダイヤモンドがはずれ、行方不明に……なんて悲劇も招きかねません。

彼にもダイヤ!アームの内側や、クールなブラックダイヤも人気

実は女性用だけでなく、彼のための男性用マリッジも、昨今ではダイヤモンド入りがトレンドになりつつあるようです。パヴェやエタニティなどはさすがに数少ないものの、ワンポイント的に、あるいはアームの内側にシークレットストーンとしてセットするなど、さりげないデザインのものがたくさんみつかります。また、エクセルコ ダイヤモンドがいち早く採用したブラックダイヤモンド入りのメンズマリッジも大好評。渋くてクールな「黒」のきらめきが、男性からの絶大な支持を得ています。

永遠の愛と絆を、毎日実感。そんなダイヤモンドマリッジを、ふたり仲良くみつけてみるのもいいですね。