結婚指輪ブランド「俄(NIWAKA)」銀座店へ実際に行ってみた

予約方法は電話のみ

俄の予約は電話のみの受付です。電話対応時間は店舗がオープンしている時間と同じです。

土日祝日、水曜以外の平日はAM11時~PM20時までオープンしています。水曜日は定休日なので注意してください。さっそく電話で予約をしてみます。

木曜日19時に電話をかけてみたところ、すぐに繋がりました。今週の土曜日に来店予約を希望する旨を伝えるとスタッフさんが丁寧に対応してくれました。

スタッフさん「土日の午後は店内大変混んでおりまして、ゆったりとショーケースをご覧頂けない可能性もございます。できれば午前中にご来店頂いた方がご満足頂けるかと思いますが・・・」

店内状況と来店日時の提案までしてくれます。web予約では聞けない事前情報です。

その他、来店人数、今回の目的などをヒアリングしてくれます。2分程度で予約完了とともに、通話が終了しました。

物腰が柔らかい対応と話を丁寧に聞いてもらえる姿勢に安心し、訪問も楽しみになりました。電話予約だからこそ感じ取れる安心感です。

当日の店内は大盛況でスタッフさんがつかまらない

予約時間の土曜日15時半ぴったりに店内へ。入るとすぐにひのきの香りが!後でスタッフさんに聞いてみたら、お香を店内で焚いているとのこと。

店舗は2階建てでしたが、吹き抜けになっていて、どこを歩いてもひのきの香りが広がっていました。

店内はオレンジの照明で、暖かい空間を演出。蛍光灯の明りより少し暗いですが、指輪を見るには十分です。

もっと明るいところで指輪を見たい方は、店内に大きな窓があるので、窓のそばで見るのも良いでしょう。

店内には6組程度のカップルが店内のショーケースを囲み、その周りに設置された4つ程度の相談スペースは全て満席。スタッフさん全員が対応中だったため、私が入店したことに気が付かない模様。

そこでしばらくショーケースを見て待っていることに。

待つこと3分程度、スタッフさんが気づいて話しかけてくれました。

スタッフさん「ご案内はすでにされておりますでしょうか?」

私「いえ、予約をしている者なのですが・・・」

スタッフさん「お待ちしておりました!お待たせしてしまい申し訳ございません。」

名前を聞かれ、2階の相談スペースに案内されました。

スタッフさん「お席に指輪をいくつかお持ちするか、ショーケースを歩いてご覧になられながら、お話をさせて頂くことができますが、いかがなさいますでしょうか?」

私はショーケースを見て回りながら、案内頂くことにしました。

訪問前に公式HPをチェックし、1200年の歴史を持つ京都で誕生したブランドで、「和」の文化や芸術をモチーフにしたデザインが中心であると書かれているのを見ていました。

そのため、婚約指輪・結婚指輪専門店には置いていないような個性的なデザインが多いのではないかと思ったので、たくさんのリングを見ることが出来そうな方をチョイスしました。

ハイジュエリーブランドならではの個性的な美しさ溢れるデザイン

俄は婚約指輪・結婚指輪専門店ではなく、ハイジュエリーブランドという位置付けです。

ハイジュエリーブランドというくくりには、シャネルやDiorそしてChaumet等が並びます。

ですが、やはり海外のハイジュエリーブランドとは一味違った魅力を感じるリングがたくさん並んでいました。さっそくいくつか紹介していきます。

リングの名前は全て漢字。繊細な細工に和の美しさを感じる

さっそくスタッフさんに一番人気を訪ねてみました。

スタッフさん「現在パンフレットの表紙を飾っているこちらのリングは人気が高いです。」

そう言って見せてくれたのが、こちらのリング。

左が女性、右が男性のリングです。

スタッフさん「商品名は初桜(ういざくら)です。出会った頃の初々しい気持ちを忘れないようにという想いを込めた名前です。」

女性のリングは、花びらをウェーブと石で表現し、男性のリングは花を支える木の幹を表しているとのことでした。

女性用のリングをはめてみました。

S字型に近い斜めのデザインで、指を長く見せてくれます。

次に案内されたのは、初桜と同じくらい注目されている「無限」

スタッフさん「2人の幸せが、終わりなく永遠と続くようにという想いを込めています。」

縦からみると、無限の記号(∞)の形をしているのが分かります。

指にはめてみると、平均的なリングよりも太めなので、指が細く見えるというメリットを感じました。

俄の職人さんの腕前が確かだからこそ、無限のようにしなやかなデザインが作れます。

個性的なデザインに反応する私を見て、スタッフさんがもうひとつ個性的な形のデザインのリングを提案してくれました。

スタッフさん「こちらのリングの名前は綾と言います。大切な人とのつながりを意図の交差する織物に例えて表現されています。」

曲線が全体の雰囲気に柔らかさを出していて、石が多く輝きが強いにも関わらず上品な華やかさ。華美、派手すぎるという感じはしなかったので、外勤の人でも身に着けていられそうです

最後に案内してもらったのは、京杢目シリーズ。このシリーズは、日本の伝統技法をもとに現在の技術を使って、最大限美しく描いた木目模様がリングに刻まれているシリーズです。

シリーズの中で案内してもらったのは「長閑(ノドカ)」です。

リングの全体はプラチナの色、木目はピンクゴールドで描かれています。

スタッフさん「こちらには石を希望の数だけ入れることも出来ますし、リングと木目の色味の組み合わせも種類がございます。リングがもう少し太いバージョンもございますので、好みをご相談頂ければと思います。」

私「そうなんですね、ちなみに京杢目にも何か想いが込められていますか?」

スタッフさん「京杢目シリーズには途切れることのない木目が入っています。これはお二人が重ねる永遠に続く二人の愛を表現しています。こちらのリングの名前である長閑は、二人を包む優しくて穏やかな時間が長く続きますようにという想いを込めています。」

京杢目シリーズは、ツヤ消しを施されていて、輝きが抑えられたマットに近い質感に仕上がっています。ツヤ消しによって、暖かみのある落ち着いた雰囲気のリングになっていました。

アフターケアサービスでリングに対する自信が伝わる

婚約指輪・結婚指輪専門店のアフターケアと違いは、基本的に料金が発生するところです。

超音波洗浄によるクリーニングは無料ですぐに対応可能との事でしたが、サイズ直し・ゆがみ直し・基本的な修理には料金が発生します。

しかし、購入時に嬉しいポイントが!

購入時にアフターサービスチケットをプレゼントされるとのこと。このチケットの有効期間は2年。期間内であれば初回無料になるアフターケアもあるそうです。

詳しい内容は購入時にスタッフさんからしっかり案内頂けるとのことでした。

でも…なぜ他のブランドと同じように無料でアフターケアの対応をしてくれないのかが気になります。アフターケアを無料で対応していない理由を伺ってみました。

スタッフさん「俄はハイジュエリーブランドとして品質に自信を持っております。

京都にいる熟練の職人が1点1点のリングを丁寧に作っていますので、そう簡単に形が崩れることはありません。例えば、石(ダイヤモンド)揺れ、石が取れてしまう、リングの変形といったものはなかなか起こらない事象です。」

もしかしたら他店様の商品は、何度か修理が必要になる可能性もある為、アフターサービスの充実化を図っているのかもしれません…とも教えてくれました。

自信のあるコメントに安心感も高まります。

リングケースにも和の心。個性的な俄は遊び心が豊かな人におすすめ

俄はリングケースも和を感じ取れるデザイン。

リングは純白の陶器に入れ、それを桐箱で包みます。

最後に紫の真田紐で結って完成です。日本古来の礼節と慶びの意を込めているとのことです。

ケースまで婚約指輪・結婚指輪専門店とは一味違った個性。

俄結婚指輪専門店で今まで見てきたリングから作り上げられていたデザインの常識を、俄は良い意味で最後の最後まで裏切ってくれました。

今まで出会ったことのないデザインばかりで新しい感動をたくさんもらってきました。

このレポート内でも何回かお伝えしてきましたが、俄は個性的なデザインが溢れるブランドです。普通の結婚指輪では物足りないと感じる、遊び心がある人におすすめしたいと思います。

気になった商品の紹介文が添えられたお見積りを頂いて見学は終了。

退店時にしつこい勧誘もなく気持ちよくお見送り頂けましたので、皆さんも気軽な気持ちで訪問してみてはいかがでしょうか?

今回行ったショップはこちら

店舗名 俄 銀座店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目8−18
アクセス 有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分
銀座線・日比谷線・丸の内線
「銀座駅」より徒歩3分
営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜日・年末年始
電話番号 03-3564-0707
公式サイト https://www.k-uno.co.jp/shop/ginzahonten/

[PR]

体験レポート

結婚指輪のブランド一覧はこちら