結婚指輪ブランド「エクセルコダイヤモンド」へ実際に行ってきました

お店の雰囲気など、行く前にチェックしておきましょう。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

結婚指輪ブランド「エクセルコダイヤモンド」へ実際に行ってみた

エクセルコダイヤモンド(外観)

「エクセルコダイヤモンド」は、銀座にあるダイヤモンドジュエリー、ブライダルジュエリーの専門店です。
世界でも名の知れた歴史ある老舗ですが、日本ではまだあまり知られていません。(とはいえ、予約はいっぱいのようでした。)

「他の人とは違ったリングを身に付けたい!」「品質の高いダイヤが欲しい!」という人にピッタリなエクセルコ。 非日常を感じさせるスタイリッシュなお店の様子やサービス、指輪購入の流れを、リアルに体験したままレポートします。

来店予約はネットで簡単

ブライダル専門サイトは、予約をしないとゆっくりと説明を受けたりできないため、ネット予約をしてから行きましょう。

公式サイトの来店予約のページからサクッと終了です。
希望の店舗と日時を選んで、名前などの必要事項を入力するだけ。

入力したメールアドレスに確認メールが届けばOKです。
伝統あるダイヤモンドのお店ということで、ダイヤをキレイに撮るため、カメラの仕事をしている彼氏に同行してもらいました。

ガラス張りのスタイリッシュな建物

エクセルコダイヤモンド(外観)

銀座駅から徒歩1分、東銀座からであればすぐ目の前という好アクセス。あまりに近すぎて、予定よりも早く到着してしまいました(笑)

11時過ぎに店内を覗くと、中ではスタッフの方たちがミーティングの真っ最中。ガラス張りなので、店内はよく見えます。

まるで結婚式場にありそうな階段を上がると、店のエントランスがあり、中にはシャープでシックな制服に身を包んだ女性たちがいます。

早めの入店に笑顔でお出迎え

どうやら私たちは開店1番のお客さんだったようです。
少し早めですが、ミーティングが終わったのを見計らって、いざ入店。
「早めに来ちゃったのですが…」と入ると、快く笑顔でお出迎えしてもらえました。

店舗入り口の階は受付のフロアになっていて、2階以上が説明ブースのある場所。

エクセルコダイヤモンド(内観)

店内は白と黒をベースにしたシックな内装で、ブースごとに置かれたカップル用の椅子だけがポップなカラーです。
ダイヤや指輪のショーケースが壁に程よい間隔で配置されており、それもインテリアとして輝きを放っていました。
温かい色のライトアップが施されています。

エクセルコダイヤモンド(内観)

2階も、外に面した側は外の風景が見えるガラス張りになっていました。
スタッフの方いわく、ダイヤモンドの輝きを自然光で感じてもらいたいから、ガラス張りにしてあるそうで、確かに自然な明るさのお店です。

私たちは今回、お天気の良い昼間に来店したのですが、「夜のダイヤモンドも見に来てほしい」と言われました。
夜はライトの光の影響を受け、昼間とは一味違った趣きを見せるそうです。

お席にご案内

椅子と荷物入れを勧められた後、「ご婚約おめでとうございます」と祝福のお言葉をいただけました。
エクセルコダイヤモンドはブライダルリング専門店なので、こうした挨拶は当たり前なのかもしれませんが、不意打ちにあって照れてしまいました。

エクセルコダイヤモンド

席に着くと、アンケートを記入しつつ担当の方が来るのを待ちます。

エクセルコダイヤモンド

アンケートを書き進めている間に、紅茶がサーブされます。
一緒に置かれたおしぼりはエクセルコのロゴ入りでステキだったので、1つ持ち帰りました。

エクセルコダイヤモンド

店長さん登場!

アンケートが終わったくらいのタイミングで、店長さんが登場!店長さん自らが接客してくれるようです。

笑顔がとてもステキな女性で、装いも立ち居振る舞いもビシッと決まっていますが、話し方はカジュアルで、親しみやすい印象でした。

彼氏の持っていた新しいスマホの機種に興味を示したり、指輪とは関係ない家族の話などにもテンション高めで耳を傾けてくれたり。心の距離がぐっと近くなるような接し方をしてくれました。

ジュエリーにあまり興味のない男性側にも「うるさがられず、飽きさせず」のちょうど良い感じで話を振ってくれて、何かと誉めてくれます。

エクセルコとリングの説明がスタート

エクセルコダイヤモンド

アンケートを元にして、指輪やダイヤモンドに関する知識がどれくらいあるのかを確認しつつ、ブライダルリングの説明が始まります。

ほとんど知識はないと伝えてあったので、見本として人気のリングを見ながら優しく教えてもらいました。
結婚指輪と婚約指輪のお値段の相場や、今の人気商品の傾向、エクセルコのリングの特徴を教えてもらいます。

他社にはないエクセルコ特有のデザインの傾向などもカタログや見本のリングを見ながら紹介してもらえるので、楽しく聞けました。

エクセルコダイヤモンド

エクセルコの特徴の1つには、職人の手によるミル打ち(※)があり、機械では打てない部分まで繊細にデザインを施せるそうです。ミルがクラシカルで上品な印象を強めています。
※ミル打ち:リングのエッジやラインに、小さな粒を連続で打刻する技術

日本のブライダルリングではやはり、プラチナが人気ということです。ダイヤの輝きを引き立てるにもプラチナが良いのだとか。

エクセルコのプラチナは、ハードプラチナという固くて強いプラチナだと聞いていたので、あえて「傷はつきませんか?」と尋ねてみました。

すると、店長さんは「生活をしているとどうしても小傷はついてしまいますので、メンテナンスをしていただくことが必要です」とあっさり。

特に「うちのプラチナは強い」とか言わずに、傷つく恐れがあると言ってくれたのが逆に好印象でした。
その代わり、プラチナは柔軟に加工がしやすいそうで、エクセルコのデザインの美しさはプラチナならではのものだそうです。

傷付くことはあっても、エクセルコでは永久保証が付いているので、小傷もサイズ直しもずっと対応してもらえるそうです。
また、汚れ予防にはナノコーティングという有料サービスもあり、購入時にナノコーティングをしておくと、そのメンテナンスもずっと無料となります。

実際にリングを見ながら説明を聞く

エクセルコダイヤモンド

リングは種類豊富で、ゴージャスなデザインのもの、ダイヤ入りのもの、シンプルなもの、男性用のつや消しマットな仕上がりのものなど、さまざまなタイプを紹介してもらえます。

セットリングや各種アイテムが載ったカタログを待ち時間に拝見。
セットリングは、ピシッと揃っているのも良いですが、セットではない結婚指輪と婚約指輪を組み合わせても良いとのこと。

価格帯も高いものばかりではなく、結婚指輪としては割安な1つ10万円以下のものもありました。

エクセルコダイヤモンド

気に入った結婚指輪にいくつかの婚約指輪を組み合わせて見せてくれました。
結婚指輪をシンプルにして婚約指輪をキラキラに、または反対にするなど、選択肢もたくさん示してもらえます。

エクセルコダイヤモンド

気に入った指輪を合わせて付けさせてもらいました。

〇結婚指輪:「ベル ファビオラ」
〇婚約指輪:「レーヌ ド コロール」

これはセットリングではないのですが、メレダイヤのラインやデザインがマッチしています。
ちょっとゴージャス過ぎると感じる人もいるかもしれませんが、パーティなどに出席する時に付けるなら良い感じでした。

婚約指輪の方はダイヤが入っていない空枠(からわく)ですが、イメージするためにダイヤを置いてもらうこともできます。
自分の気に入ったダイヤを選んで合わせるセミオーダーだから、ダイヤの大きさも品質も、それこそ値段も自由に選べるそうです。

ただし、空枠は同じものが作れますが、ダイヤは世界にたった一つなので、いつ行っても同じものがあるとは限りません。

男性用のリングもカッコいい!

見ているうちに気に入るものがあったらしく、それまで「オブザーバー」モードだった彼も、身を乗り出して「これはカッコいいな」と話に参加してきました。

彼が食いついたのは、私が試着した「ベル ファビオラ」の男性用の、つや消しマットな指輪でした。
女性用の方はツヤあり・メレダイヤ入りになっていて、一見ちょっと違う印象なのですが、モチーフが同じなのでよく見るとちゃんとお揃いのペアになっています。

そっくり同じデザインではないため、女性らしさ、男性らしさをそれぞれに楽しめそうです。

エクセルコダイヤモンド

せっかくなので、いい年ですがバカップル然で「写真撮ろうよ~」とパチリ。指が美しく見えて、結婚式の記念写真などにも映えそうなリングです。

細部まで行き届いた配慮に感動!

いろいろと指輪選びをさせてもらっていましたが、彼氏がリングを試着するために、店長さんが彼の手を取って指に通そうという時でした。

突然、「私がお通ししてよろしいでしょうか?」と私たちに問いかけます。

一瞬「え、何?」と思いましたが、どうやら「女性」の店長さんが「男性」である彼に指輪を付けて良いか、ということみたいでした。
やきもち焼いちゃう女性もいるのか、指輪の交換をイメージさせるためか、ここまで気遣いをするものなんですね!

私たちはそこまでこだわりませんが、細かいところまで配慮が行き届いて、「さすが…!」と感銘を受けました。

ちなみに私が試着した際には、毎回「ありがとうございました」と言って手の甲を撫でてくれました。

これもきっと気遣いの一つなのでしょう。とにかく気持ちよく接客を受けられました。

エクセルコの歴史を聞く

結婚指輪と婚約指輪を見たら、最後にもう一度、エクセルコの詳しい説明がありました。

エクセルコはもともと、ダイヤモンドの「アイディアルラウンドブリリアントカット」を考案したトルコウスキー一族の、正式な継承者が経営する、ダイヤのカット会社だそうです。

日本ではまだ20年ですが、ダイヤの研磨会社として、またジュエリー店としても古い歴史を持ち、世界では広く受け入れられています。

また、「サイトホルダー」という原石をダイレクトに仕入れられる資格を持ち、出所のはっきりとしたバージンダイヤモンドのみを扱っているため、ブライダルジュエリーとしても安心感があります。

証明書としては、鑑定書の他に、カット証明書と輝きの証明書をつけてもらえます。

カット証明書には、代表者でありトルコウスキー家の末裔であるジャン・ポールのサインが入り、輝きの証明書では「白い輝き」、「虹色の輝き」、「キラキラした輝き」、「輝きが対称に出ているか」が数値化されたレポートをもらえるそうです。

エクセルコダイヤモンド

ちなみに、エクセルコダイヤモンドには、日本ではここにしかないという50倍のスコープがありました。
ハート&アローを実際に見せてくれます。

わがままな私にも最後まで笑顔で対応

初心者まるだしの私たちに付き合ってもらい、丁寧にリングとダイヤの基本を教えてくれて、早2時間くらいが経ちました。

正直過ぎるとは思いましたが、腹の虫まで鳴ってしまい「結構かかるんですね」とうっかり放言を。
そんな私に対しても店長さんは笑顔で「時間かかっちゃいましたね~急ぎますね~」とカジュアルに反応してくれました。

ただ、説明だけは全部しないといけないようで、「ダイヤの専門店だから説明が多くなるんですよ。」と申し訳なさそうに言われてしまいました。

最後……お金の話はシンプルに

(おそらく腹ペコの私を見て)スムーズにお金の話に移ってくれました。
エクセルコの結婚指輪は、人気の価格帯がペアで20~30万円、2人ともシンプルなデザインだと20万円以内も可能だそうです。
ダイヤモンドやリングの太さ、デザイン次第ですが、男性で10万円くらいにする人が多いとのことでした。

エクセルコダイヤモンド

リングの内側に入れるストーンは有料ですが、刻印は無料で、漢字、ひらがな、カタカナも使えるそうです。

婚約指輪のダイヤは動きがあるのですが、店長さんいわく「気に入ったダイヤがあればお値段も頑張ります!」とのこと。
なんとなくスポ根(スポ婚)の印象を受ける、本当にカジュアルで親しみの持てる店長さんでした。

まだ一軒目で他も回ろうとしている私たちに対して、おざなりにするでもなく、押し付けるでもなく、適度なオススメ感を出してくれて、こちらも心穏やかに楽しくリングを見たり、説明を聞いたりできました。

お見送り

説明が終わり、検討しますということで終了。

お腹を空かせた私のために、ものすごくスピーディにカタログと本日チェックしたリングのメモを用意してくれます。

最後は、階段下まで来てお見送りをしてもらいました。

エクセルコダイヤモンド

カタログは、シックで上品なバッグに入れてくれます。

エクセルコダイヤモンド

リングのメモは可愛らしいデザインです。

高級感はあるけど人当たりの良いお店

エクセルコダイヤモンドは、店構えのスタイリッシュな雰囲気と銀座という土地柄なのに、カジュアルで温かみのある接客のお店でした。

店内も高級感はありますが、ガラス張りになっているため、開放感のある明るい空間が広がっています。

やはり説明は多く、かなりの情報量を伝えられますが、初めてブライダルリングを選ぶ場合にはすべて参考にしたいことばかり。

専門用語もあまり使わず、簡単な言葉で教えてもらえるので、ネットに出ている情報を見るよりもわかりやすかったです。

エクセルコダイヤモンドのショップ情報

店舗名 エクセルコダイヤモンド 東京本店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座4-10-10
アクセス 地下鉄銀座線・丸の内線「銀座駅」A7出口から徒歩1分、日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」A2出口から徒歩0分
営業時間 11:30~20:00
定休日 年中無休
電話番号 03-5565-0181

結婚指輪のブランド一覧はこちら