結婚指輪のハイブランド特集

ハイブランドでもこんなに価格差が!?

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

結婚指輪ブランド図鑑

まばゆい輝きを持つプラチナの結婚指輪を厳選!
どのブランドを選ぶ?

結婚指輪は長く身に付けるものだからこそ、ジュエリーとしての価値の高さも重要なポイントとなります。ジュエリーの価値というとダイヤの品質にばかり目が行きがちですが、実はアームの部分も見落としてはいけません。アームのマテリアルの性質や品質は、美しさ・強度・耐久性などの各面で指輪の価値を大きく左右します。ここでご紹介するのは、プラチナの品質に定評のあるブランドばかり。信頼できるブランドで、一生モノの指輪を手に入れてみては。

[PR]

4℃ BRIDAL

4℃ BRIDAL

引用元: 4℃ BRIDAL
https://4-bridal.jp/marriage/detail/388

4℃アクアニティコレクション

純度99.9%の輝き、4℃ピュアプラチナ

ファッションリングとしても不動の人気を集める4℃。その結婚指輪・婚約指輪専門ラインである4℃ブライダルは、95%以上の純度が約束された高品質のプラチナを使用しています。さらに一部のリングでは、独自技術によってプラチナ純度を99.9%にまで高めた「4℃ピュアプラチナ」をご用意。混じりけのないクリアなきらめきは、お二人のこれからの輝かしい人生を象徴しているかのようです。

手元が揺れ動くたび、まばゆいばかりの輝きを見せてくれる特別なリング。流れるような大胆なウェーブが、「4℃ピュアプラチナ」の素材としての美しさを極限まで引き立てています。

GINZA TANAKA

GINZA TANAKA

引用元: GINZA TANAKA
http://bridal.ginzatanaka.co.jp/marriage/detail?id=3426

ブーケ&ブートニア

貴金属のプロフェッショナルが認めた最高水準

GINZA TANAKAは、貴金属専門の製造販売業者・田中貴金属工業の系列ブランド。ジュエリーというよりもむしろ貴金属のフィールドから誕生したブランドであるだけに、使用しているマテリアルへのこだわりは数あるジュエラーの中でも群を抜いています。結婚指輪には、こだわり抜いた独自素材「スーパーストロングプラチナ」、99.9%の純度を誇る「ロイヤルピュアプラチナ」を使用。世界最高の素材と称されるプラチナの美しさを保ちつつも、傷つきやすく変形しやすいという欠点を巧みに補う独自技術からは、貴金属の第一人者としての矜持が見え隠れしています。

エクセルコ ダイヤモンド EXELCO DIAMOND

エクセルコ ダイヤモンド EXELCO DIAMOND

引用元: EXELCO DIAMOND
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/marriagering/wild_rose.php

Wild Rose

強度を高めたハードプラチナが約束する永遠の美

エクセルコダイヤモンドと言えばブランド名の通りダイヤの品質にこだわったブランドというイメージがありますが、実はアームのマテリアルにも定評があります。使用しているのは、プラチナにパラジウム、ルテニウムといった希少金属をごく微量配合した「ハードプラチナ」。プラチナの美しさを損なわないままに強度だけを高め、本来日常使用には適さないプラチナという金属に装飾品としての利便性をプラスしています。ブランド名に冠するダイヤだけでなく全ての素材の品質を厳選するのは、妥協のないジュエリーを作りたいという高い志の現れでしょう。

ポンテヴェキオ Ponte Vecchio

ポンテヴェキオ Ponte Vecchio

引用元: Ponte Vecchio
http://www.pontevecchio.jp/bridal/marriage/promessa/m11pm.html

PROMESSA m11pm

最高峰999プラチナというファインマテリアル

ジュエリー界を牽引する高級ブランド・ポンテヴェキオがお贈りする結婚指輪は、厳選した高品質ダイヤモンドと独自素材「PURE PLATINUM 999」を融合させた類まれなる美の至宝。「PURE PLATINUM 999」は、現在の技術水準で手に入る最高純度99.9%のプラチナ。強度を保ちながらリングの形に仕上げるのが難しく、製作には通常のプラチナ製リングと比べて数倍の時間がかかるとか。多大な労力をいとわず生み出される最高品質のリングたちは、何十年経っても色あせない本物の美しさを備えています。

銀座ダイヤモンドシライシ GINZA DIAMOND SHIRAISHI

銀座ダイヤモンドシライシ GINZA DIAMOND SHIRAISHI

引用元: GINZA DIAMOND SHIRAISHI
http://www.diamond-shiraishi.jp/marriagering/felice-5m5ld.html

Felice 5M,5LD

普段使いに耐える強度と美しさの絶妙なバランス

日本有数のブライダル専門ジュエラーであるだけに、「一生身に付けるもの」という結婚指輪の本質を念頭に置いた丁寧なものづくりが特色。強度が低いというプラチナ最大の欠点を補うべく、独自の配合で微量の金属を配合したハードプラチナを使用。その輝きや色艶にはジュエリーとしての価値を十分に留めながら、今後何十年もの日常生活でずっと付け続けても損なわれることのない強度を実現しました。

プラチナのつややかな輝きを引き立たせるセンタークロス。一点の曇りもなく、まばゆいばかりの光を放つリングは、二人の愛を鮮やかに映し出します。

俄 NIWAKA

俄 NIWAKA

引用元: NIWAKA
http://www.niwaka.com/bridal/niwaka/wedding/uizakura.html

初桜(UIZAKURA)

4種のマテリアルから選べる表情豊かなリング

指輪のデザイン一つひとつにロマンチックなコンセプトを授けた独自路線で人気を博している俄。使用するマテリアルは、純度95%のハードプラチナ、ゴールドにプラチナを配合したプラチナゴールドを含む合計4種です。ハードプラチナの希少性と美しさは言うまでもありませんが、プラチナゴールドもプラチナに近い純白の輝きを持ちながらリングの強度は高く、しかも価格も控え目というメリットが。しかも、コーティングではないため経年劣化によるメッキはがれの心配もありません。どの素材を選ぶかはあなた次第。十分に悩んで、運命のリングと出会ってください。

ヴァンドーム青山 VENDOME AOYAMA

ヴァンドーム青山 VENDOME AOYAMA

引用元: ヴァンドーム青山
https://vendome.jp/bridal/detail550.html

Ruban de Mariée

美と耐久性の双方を追求した高純度プラチナ

ヴァンドーム青山は、ジュエリーの都であるパリのエッセンスと、日本の確かなものづくり技術を掛け合わせて生まれたジュエリーブランドです。使用しているマテリアルは、純度95%のハードプラチナと99.7%のリュクスプラチナを含む全5種。どちらのプラチナも、純度と強度の均衡が絶妙に保たれた最高級の素材です。

S字カーブを描くリボンのシェイプのリングに、エタニティ状にダイヤをふんだんにあしらったリッチなデザイン。金属の粘性が高いためほんの小さな爪でもガッシリとダイヤを抱え込むことができるというプラチナの特質を活かしたリングです。

[PR]

体験レポート