NIWAKAの結婚指輪はここが魅力!

NIWAKAの結婚指輪のなかでも特におすすめしたい代表リングとその魅力、
ブランドヒストリーをお届けします。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

結婚指輪ブランド図鑑

NIWAKA /

NIWAKA(サイトイメージ) 1983年に京都で設立されたNIWAKA。古都の悠久の歴史に培われた美意識と卓越の職人技を宿す作品の数々で、絶大な人気を得るジュエラーです。春夏秋冬の情景や伝統文様といった典雅な和のモチーフをふんだんに織り込みながら、限りなくモダンで洗練されたデザイン。オリジナルカットの「俄ダイヤモンド」に代表される、厳選された素材の輝きと完成度。そのすべてが、誇り高きジャパンメイドの結晶です。

  • リング1

    薄紅色をした桜のイメージに、出会った頃の初々しい気持ちを託した結婚指輪です。ひときわ華奢なレディスはダイヤモンドでひとひらの花びらを、メンズは花を支える「幹」を表現。【初桜(ういざくら)】

  • リング2

    ふたりの固い絆を、決してほどけることのない結び目であらわしました。丸みを帯びた柔和なアームラインが指にやさしくフィットし、結び目にあしらったダイヤモンドが印象的に輝きます。【結(ゆい)】

  • リング3

    幾重にも意図を重ねてつくりあげていく「織物」のように、ふたりで織り成す輝かしい未来をイメージ。絹のようにつややかなプラチナの光沢と、メビウスの輪を思わせるしなやかな曲線が魅力のペアです。
    【綺羅(きら)】

  • リング4

    朝陽を浴びて美しく彩られる雪景色。刻一刻と豊かに表情を変えるそんな光景を、ピンクゴールドとプラチナのコンビネーションであらわしています。【雪佳景(せっかけい)】

  • リング5

    永遠の美しさや無限の発展性をあらわす、想像上の花「唐花」。古典文様としても知られるその美しいモチーフがプラチナの繊細なアームで表現された結婚指輪です。有機的な曲線が、指もとをしなやかに演出。【唐花(からはな)】

  • リング6

    ダイヤモンドを贅沢に並べたレディスマリッジは、甘く香る花をモチーフにした優美なスタイル。メンズはシンプルなストレートアームの側面に。お揃いのモチーフをあしらっています。【花麗(はなうらら)】

NIWAKAの 結婚指輪はここがポイント

日本の愛の情景を刻み込んだ珠玉のフォルム

四季折々にうつろう自然のいとなみや、「ことほぎ」「あかり」「ういざくら」といった、耳に響く語感のやわらかさ……。繊細な日本の美意識がにじむNIWAKAの結婚指輪は、ふたりが結ばれた日の情景や幸福への願いがひとつひとつに込められています。シンプルなストレートウエーブ、アシメトリーな個性派まで多彩なスタイル。純白に輝くプラチナを用いた個性的なフォルムは、どの角度から見ても完成度が高く、フィット感にも優れると評判です。

NIWAKA京都本店のShop Data

公式サイトURL http://www.niwaka.com/
本店住所 京都府京都市中京区福長町105 俄ビル2F (富小路通三条上る)
本店電話番号 075-213-6787
本店休業日 水曜日

※本店以外のショップデータは公式サイトでお確かめください