結婚指輪ブランド図鑑

おしゃれな結婚指輪で人気のブランドは?

ここでは、先輩たちが選んだおしゃれな結婚指輪をご紹介!人気の6ブランドをピックアップして、それぞれのブランドから「おしゃれ!」と思われるようなデザインの指輪を1つずつ挙げてみました。「飽きの来ないシンプルなデザインの結婚指輪が欲しい」という方も、指輪選びのセンスの幅を広げるために、ぜひ参考にしてくださいね。一見、奇抜なデザインの結婚指輪にこそ、そのブランドの味が色濃く込められているものです。

[PR]

カルティエ

カルティエ

引用元:カルティエ
goo.gl/N9dxu3

1847年に創業されたカルティエ。かつて「宝石商の王」と呼ばれていた時代から現在に至るまで、常に世界トップレベルのハイジュエリーブランドとして走り続けています。カルティエの結婚指輪の魅力を語るに、多くの言葉は要りません。これまで生み出されてきた作品の数々に目を通すだけで、そのデザインの独自性を知ることができるでしょう。そう、そのデザインの独自性こそ、カルティエ最大の魅力。細身ながらも厚みのあるデザイン、ボリューム感を最大限に活かしたデザイン、また、男性の指にマッチしたデザイン等々。その独自性は、他のブランドと明らかに一線を画します。ご紹介している「LOVE ウェディング リング(ダイヤモンド8個)」は、カルティエの独自性を表現した代表作の一つ。

LOVE ウェディング リング(ダイヤモンド8個)
価格(女性のみ) - 442,800円

エクセルコダイヤモンド

エクセルコダイヤモンド

引用元:エクセルコダイヤモンド
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/marriagering/laviere_relier_1l_1m.php

洗練されたシンプルさと、全体からあふれる気品が特徴のエクセルコダイヤモンド。ブランドが用意している結婚指輪の多くは、日常的な使用も前提とした華奢なタイプなのですが、こちらでご紹介している「ラヴィエール ルリエ」は異質です。荒く波打つような、あるいは、まるで炎のような立体感。奇抜な位置にあしらわれたミル打ち。波打つグラデーションの合間に配された、4つ爪留めのラウンドブリリアントカットダイヤモンド。これほど大胆なデザインをまとまりのある作品に仕上げられるのは、エクセルコの職人に積み重ねられてきた繊細な技術力ゆえ。他人と同じようなデザインを避けたいというカップルには、ぜひ検討をお勧めしたい結婚指輪です。

Laviere Relier/ラヴィエール ルリエ
価格(女性) - 146,000円
価格(男性) - 172,000円

シャネル

シャネル

引用元:シャネル
https://www.chanel.com/ja_JP/watches-jewelry/fine-jewelry/p/ultra-ring/J3092

女の子らしさや可愛らしさを大切にする女性もいる一方、力強さやたくましさを大切にする女性もいます。シャネルの創業者であるココ・シャネルは、後者のタイプの女性。社会の荒波に負けずに「力強く自立する女性」を、数々の作品で表現してきました。その伝統は現在にも脈々と継続。他の多くのブランドが、華奢で細身のシンプルな結婚指輪を発表している一方で、シャネルは、創業者の時代から続く女性の力強さをかたくなに表現し続けます。こちらでご紹介している「ウルトラ コレクション リング」は、およそ結婚指輪の常識を覆すようなデザイン。リングの主役として、実にブラックセラミックを採用しました。まるでココが蘇ってデザインしたかのような指輪です。

ウルトラ コレクション リング
価格(女性) - 209,250円
価格(男性) -

ヴァン クリーフ&アーペル

ヴァン クリーフ&アーペル

引用元:ヴァン クリーフ&アーペル
http://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/vcarn57p00-couture-wedding-band.html

世界5大ジュエラーの1ブランド、ヴァン クリーフ&アーペル。すでにご存じの方も多いかも知れませんが、ヴァン クリーフ&アーペル「すべてが完璧」なことで知られるブランドです。結婚指輪・婚約指輪に使用するダイヤモンドは、ブランド独自の目を経て厳選されたものばかり。リング素材としてのプラチナやピンクゴールドにおいても、一切の妥協はしません。そして何より、在籍する職人の腕こそ「すべてが完璧」と言われるゆえん。デザイナー、セッティング職人、研磨義歯、ワックス職人…。ヴァン クリーフ&アーペルの職人たちの技術を称し、世界では「黄金の手」との異名も。ここでご紹介している「クチュール エタニティリング」も、もちろん「黄金の手」から生まれたもの

クチュール エタニティリング
価格(女性) - 1,161,000円
価格(男性) -

杢目金屋

杢目金屋

引用元:杢目金屋
https://www.mokumeganeya.com/marriage/

結婚指輪の製造工程では、一般に、「リングの強度を高めるため」に異なる金属同士を混合します。ところが、杢目金屋では、「デザイン作りの一環として」異なる金属同士を混合。400年前の江戸時代に生まれた、「木目金」と呼ばれる技法です。「木目金」の技法は、一時後継者不足によって、途絶えかけたことがありました。これを引き継いだのが、杢目金屋。失われかけていた日本の伝統工芸を、杢目金屋がブライダルリングという形で復活させました。まるで木目を表現するかのような独特の配色に、深みある和の伝統美が表現されています。ここでご紹介している「七つ色」には、その名の通り7色の金属素材を混合。同じ配色の指輪を作ることは、二度とできません。世界に唯一のデザインです。

七つ色
価格(女性) - 235,440円~(オプション・宝石別)
価格(男性) - 235,440円~(オプション・宝石別)

ブルガリ

ブルガリ

引用元:ブルガリ
https://www.bulgari.com/ja-jp/products/an852271.html

結婚指輪を始め、基本的には全てのアイテムを地元イタリアで製造している完全メイド・イン・イタリーを誇るブランド、ブルガリ。香水やネックレス、時計、化粧品など、様々なアイテムをリリースしているブランドなので、「何が本業?」と思っている人も多いことでしょう。ブルガリの本業は、まぎれもなくジュエリー。1884年、高級宝飾店としてスタートしたブランドです。結婚指輪では、これまで「コロナ」や「グリフ」、「セルペンティ」など数々の名作を発表。いずれも他のブランドには真似のできない、独自性あふれるデザインばかりです。こちらでご紹介しているFEDIは、18Kホワイトゴールドを素材に8つのダイヤモンドを配したデザイン。ブルガリらしさが表現されていながらも、1本199,800と意外にリーズナブル。

FEDI
価格(女性のみ) - 199,800円

結婚指輪のブランド一覧に戻る

[PR]

体験レポート