杢目金屋の結婚指輪はここが魅力!

杢目金屋の結婚指輪のなかでも特におすすめしたい代表リングとその魅力、
ブランドヒストリーをお届けします。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

結婚指輪ブランド図鑑

杢目金屋 / MOKUMEGANEYA

杢目金屋(サイトイメージ) 「木目金」とは、異なる色の金属を組み合わせることで木目状の美しい文様をつくりだす、日本独自の伝統工芸技法。江戸時代に誕生し、その歴史は実に400年を誇ります。杢目金屋はその「幻の技術」を受け継ぐ、日本初の木目金専門工房。すべてのジュエリーが、注文を受けてから一点づつ手作業にて生み出される完全オーダーメイドで、この世にふたつと同じものは存在しません。特別な人生の節目や記念日にふさわしい「和」の貴重な美意識に、ぜひ触れて。

  • リング1

    内側までまろやかに、しっとりと磨きあげた優美な色あいの結婚指輪。繊細な木目の流れとともに指を長く、美しく魅せてくれます。
    【逢桜】

  • リング2

    リング内側から表面にかけ、ホワイトゴールドに映えるひとすじのピンクゴールドが、半ありと愛らしい「桜」を思わせて。可憐な一輪の花のようなエンゲージリングもセットで選べます。【紅桜】

  • リング3

    高度な職人技によって見事に表現された木目の文様は、すべて世界にひとつきり、奇跡が生んだ芸術です。指に寄り添うようなアームラインとダイヤモンドが、凛とした美しさを醸し出して。【月桜】

  • リング4

    金属の色の違いを利用した「木目金」と特殊な彫りの技術「グリ彫り」。ふたつの伝統芸を組み合わせた豪華な結婚指輪です。風を表現したアームの緩やかなカーブは、着け心地のよさも抜群。【恋風】

  • リング5

    夜空にさえざえと光り輝く月の神秘的な美しさを、「グリ彫り」の技法で表現。色違い、またはお揃いでと、好みの色でふたりだけのペア感覚を楽しんで。【月花美人】

  • リング6

    春爛漫に咲き誇る桜の花。その清らかな花びらを、一筋のピンクゴールドであざやかにイメージしました。幅や厚みなど、ふたりの指にぴったりのアレンジを加えて一生の宝物に。【紅ひとすじ】

  • 「二人で紡ぐ物語」をイメージしてデザイン。細身で緩やかなウェーブを描いたリングなので、指を細く美しく見せてくれます。ペアで並べたときに寄り添うように重なる2色が印象的。【木目つむぎ】

  • それぞれのリングの側面には、桜をモチーフにした彫りが入れられています。リングのデザインはそれぞれ違いますが、二人しか知らない「ひみつの絆」が指輪に宿っているかのようです。【桜あわせ】

  • 弓のようにしなやかな桜の枝をイメージしたマリッジリング。和の美しさを存分に込めた奥行のある作品です。埋め込まれたダイヤモンドのグラデーションは、まるで桜が咲きかけている瞬間のよう。【弓桜】

  • ホワイトゴールドとピンクゴールドが溶け合い、やわらかなハーモニーを奏でているかのようなデザイン。レディースとメンズが対となって、ふたつの指輪がひとつになります。新しい二人の門出にイメージがフィット。【木目あわせ】

  • 反りあがったかのようなアームのデザインが、まるで空高く舞い上がる羽根を表しているかのよう。プラチナ1色で表現した流線形が、上品な和風美を添えています。流線に沿って配されたダイヤモンドが指元で輝きます。【舞桜】

  • まるで樹木の節を彷彿とさせるような玉杢の模様。これから長く寄り添っていく二人の節目という節目に、指元では玉杢がずっと寄り添っています。控えめなセンターダイヤモンドが可憐。【玉杢】

杢目金屋の 結婚指輪はここがポイント

ネーミングにも伝統と品格が香る「和」の逸品

「桜」や「月」といった風情のあるネーミングにも品格がただよう、杢目金屋の結婚指輪。その特徴は、やはり日本古来の伝統技で生み出される、独特の木目文様です。イエロー、ピンク、グリーンなど様々な色彩のゴールドやプラチナが織り成す超然とした美しさ。しっかりした厚みとなめらかな指通りまで一生ものの品格が感じられます。他にも木目金のルーツともいえるグリ彫りや、端正な幾何学模様の「寄金細工」などバリエーションは多彩。フルオーダーのため、ふたりの指や好みに応じたアレンジも自在です。

杢目金屋銀座本店のShop Data

公式サイトURL http://www.mokumeganeya.com/
本店住所 東京都中央区銀座3-4-18
本店電話番号 03-6228-6677
本店休業日 年中無休

※本店以外のショップデータは公式サイトでお確かめください