ミキモトの結婚指輪はここが魅力!

ミキモトの結婚指輪のなかでも特におすすめしたい代表リングとその魅力、
ブランドヒストリーをお届けします。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

結婚指輪ブランド図鑑

ミキモト / MIKIMOTO

MIKIMOTO(サイトイメージ) 日本を代表する世界のジュエラーとして、常に敬意を持って語られるのがミキモトです。1905年、アコヤガイによる真珠の養殖に初めて成功し、創業者の御木本幸吉は「真珠王」としてその功績を称えられました。今日、美しく品質に優れたパールジュエリーを多くの女性が楽しめるのも、ミキモトの偉業あってのこと。また厳選のダイヤモンドやプラチナを用いた品格あるジュエリーの数々も、真珠と同様の世界的な評価を獲得しています。

  • リング1

    永遠のスタンダードと呼ぶにふさわしい、ピュアな存在感の甲丸リングです。一点の曇りなくアームの内側まで磨きこまれたプラチナは、着け心地も別格のなめらかさ。
    【FR-1R】

  • リング2

    あえてプラチナのつやを抑えたヘアライン仕上げと、心地よい重厚感が指にしっくりと馴染むシックな結婚指輪です。ビジネスシーンにも違和感のないスタイルは男性にも好評。【FR-275R】

  • リング3

    プレーンな甲丸型リングのアーム周辺に、丁寧なミルグレインの細工を施した上品なスタイル。清らかな輝きを放つひと粒ダイヤのあしらいが、日々の装いのアクセントに。【DGR-1358R】

  • リング4

    粒よりのダイヤモンドをアームの半周のセットした、ハーフエタニティタイプのリングです。ごく小さな爪で石を留めているので衣類などへの引っ掛かりもなく、贅沢な輝きを日常的に楽しめます。【DGR-1351R】

  • リング5

    指の凹凸にすんなり馴染むほどよい厚みのプラチナと、ゆるやかな曲線で構成されたV字アームが上品な印象。シンプルな中にも、さりげない個性を求めるふたりに。
    【FR-264R】

  • リング6

    プラチナのリッチな量感も、ダイヤモンドの美しい輝きも欲張れる大人のためのマリッジリング。柔和なV字アームがぴったり重なる婚約指輪とセットで楽しめば、より華やかな存在感に。【DGR-1356】

MIKIMOTOの 結婚指輪はここがポイント

端正にして堅牢、気品あふれるジャパンメイド

江戸時代から続く日本独自の職人技と、ヨーロッパで培った美意識を合わせ持つ「ミキモトスタイル」の結婚指輪。そのラインナップは、いずれも流行に左右されることのない端正なフォルムと伝統を物語る重厚な存在感が魅力です。地金を贅沢に用いた堅牢かつエレガントなアームラインや、丁寧な手仕事が光る彫金細工、厳選のダイヤモンド。あらゆる点で完成度に優れしっとりした気品を放つマリッジリングは、年月を経るほど輝きを増すでしょう。

ミキモト本店のShop Data

公式サイトURL http://www.mikimoto.com/
本店住所 東京都中央区銀座4-5-5
本店電話番号 03-3535-4611
本店休業日 年中無休
問い合わせ窓口 0120-868-254

※本店以外のショップデータは公式サイトでお確かめください