結婚指輪ブランド図鑑

結婚指輪で人気のブランドの「婚約指輪」をざっくり調査!

ここでは、結婚指輪の定番ブランドの「婚約指輪」について、簡単に特徴を解説します。結婚と婚約をセットで買えばお得になるブランドもあるので、ここに挙げたブランド以外にも「婚約指輪」情報は併せてチェックしておきましょう。

結婚指輪の人気ブランドの「婚約指輪」はどんな感じ?

ティファニー

「ティファニーハーモニー」や「エルサ・ペレッティ」など、結婚指輪の分野では数々の名作を残しているティファニー。しかしながら、そもそもティファニーの名を世界で不動のものにしたきっかけは、1886年に発表された「ティファニーセッティング」という婚約指輪のスタイルでした。

ストレートリングのセンターに、6本の爪で立てられた1粒ダイヤ。一般にソリティアリングと呼ばれる婚約指輪のスタイルですが、このソリティアリングの原型となったデザインが「ティファニーセッティング」です。

結婚指輪との重ね着けの相性も抜群の「ティファニーセッティング」。過去・現在・未来にわたり、変わることのない王道の婚約指輪です。

【代表作】ティファニーセッティング

【代表作】ティファニーセッティング画像引用元:ティファニー公式HP
(https://www.tiffany.co.jp/engagement/rings/the-tiffany-setting)

価格:1,841,400円~

現在でもなお人気の衰えを知らない「ティファニーセッティング」。上品なストレートリングの上に1粒ダイヤモンドがあしらわれたこのデザインは、世界中の女性の憧れの的。プラチナの他にもゴールド素材を用意。ダイヤモンドは0.25ct~2.5ctまでの間で選ぶことができます。

カルティエ

「バレリーナ」や「1895 ウェディングリング」など、結婚指輪では数々の名作を発表しているカルティエ。世界五大宝石商として、当然ながら婚約指輪でも世界的な名作を数々と発表しています。

ティファニーと人気を二分するカルティエですが、両ブランドの婚約指輪のテイストは、全く異なります。ティファニーがシンプル性を追求している一方で、むしろカルティエはゴージャス性を追求しているブランドと言って良いかも知れません。

2018年8月現在、カルティエは「トリニティルバン」シリーズや「バレリーナ」シリーズなど、計39種類の婚約指輪をリリース。華やかなダイヤモンドを特徴とする作品が多い印象です。

【代表作】バレリーナソリテール

【代表作】バレリーナソリテール画像引用元:カルティエ公式HP
(https://www.cartier.jp/ja/%E5%95%86%E5%93%81%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC/%E5%A9%9A%E7%B4%84%EF%BC%86%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA/%E5%A9%9A%E7%B4%84%E6%8C%87%E8%BC%AA/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A/n4196900-%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A-%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB.html)

価格:要問合せ

カルティエが発表している「バレリーナ」シリーズは、全部で3種類。中でも特にカルティエの特徴を表している作品がこちらです。ソリティアリングながら、アームに華やかにセッティングされたデザインは、カルティエならでは。

銀座ダイヤモンドシライシ

日本人の好みによくマッチする、多彩なシンプル系の結婚指輪を展開する銀座ダイヤモンドシライシ。そのブランド名に「ダイヤモンド」と冠することからも分かる通り、もちろん、婚約指輪においても数々の名作を残しているブランドです。

高品質のダイヤモンドを安定的な価格で提供するため、ダイヤモンド取引の世界三大市場であるイスラエルに現地法人を設立。ベテランの宝石鑑定しが常駐し、ひたすら日本のカップルのために厳選されたダイヤモンドを買付しています。

「同じクオリティのダイヤモンドリングを、同じ値段で他のブランドでは買えない」と言われるように、品質に対するコストパフォーマンスの良さが評判。

【代表作】Diana D./ディアナ ディー

【代表作】Diana D./ディアナ ディー画像引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式HP
(http://www.diamond-shiraishi.jp/engagering/diana-d_slender_ptnme.html)

価格:280,000円~

滑らかなフラットアームのセンターに、愛らしいダイヤモンドを1粒だけセッティング。ダイヤに向けて徐々に絞られるアーム形状が特徴的です。着け心地にもこだわり、リング内側の角をなくした内甲丸仕上げを採用。

アイプリモ

飽きの来ないシンプルなデザイン、多彩に用意された商品の種類、店舗数の多さ、充実したアフターケアなどで、多くの女性たちから支持を集めているアイプリモ。ブライダルジュエリーを検討する方は、きっと一度はアイプリモの作品に目を通したことがあるでしょう。

アイプリモは、ダイヤモンドの輝きにこだわりを持つブランド。わずか直径1mmのメレダイヤに対しても厳格な自社基準を設定し、最高の輝きを持つ石のみを婚約指輪に採用しています。石の大きさよりもカットにこだわる点は、アイプリモの大きな特徴。

日本発の人気ブランドとして、日本人の好みがよく反映された婚約指輪を数多く発表しています。

【代表作】SPICA/スピカ

【代表作】SPICA/スピカ画像引用元:アイプリモ公式HP
(https://www.iprimo.jp/engagement/rings/spica.html)

価格:242,000円~

やや大胆なウェーブを効かせ、センターには0.2ctのダイヤモンドを、その脇に小粒のピンクダイヤモンドをあしらった作品。おとめ座に輝く「スピカ」という恒星の周りを、小さな惑星が周回しているイメージをモチーフにしています。

エクセルコダイヤモンド

200年以上もの歴史を持つベルギー生まれの名門ブランド、エクセルコダイヤモンド。ブランド名からもお分かりの通り、ダイヤモンドには強いこだわりのあるブランドです。これまで、名作と評される婚約指輪を数々発表しています。

そもそも、現代のダイヤモンドの定番となった「アイディアルブリリアントカット」は、エクセルコから生まれたカット技法。婚約指輪の「セッティング」の定番を作ったのがティファニーならば、ダイヤモンドの「カット」の定番を作ったのはエクセルコです。

海外ブランドながらも、発表される作品の多くは、意外にも日本人の琴線に触れるシンプル系が中心。結婚指輪との重ね着けにマッチする婚約指輪を多くリリースしています。

【代表作】Ceremony/セレモニー

【代表作】Ceremony/セレモニー画像引用元:エクセルコダイヤモンド公式HP
(https://www.exelco.com/bridal_jewelry/engagering/ceremony.php)

価格:240,000円~

丸みを帯びた細身のプラチナリングが、センターで前後しながらダイヤモンドをそっと支えます。モチーフはヨーロッパの伝統的な挙式の様子。同じラインを描いた結婚指輪「セレモニー」も用意されています。

ブランド一覧に戻る

[PR]

体験レポート