カルティエの結婚指輪はここが魅力!

カルティエの結婚指輪の代表リングやブランドヒストリー、 ショップを訪ねてみての感想をあなたに代わってレポートします。

結婚指輪のすべて(ロゴ):あなただけの運命ジュエリーの選び方、教えます

ブライダル専門ブランドの
口コミ評価早見表

ブランド名
(公式サイトへリンク)
評価点数 口コミ数
1. 銀座ダイヤモンドシライシ 4.3 96件
2. 4℃ ブライダル 4.4 19件
3. エクセルコダイヤモンド 4.6 25件
結婚指輪ブランド図鑑

結婚指輪ブランド「カルティエ」の
指輪・ショップ情報

Cartier / カルティエ

1847年のフランス・パリで設立され、世界五大宝石商のひとつにも数えられる偉大なメゾン。160年以上の歴史を誇る顧客リストにはナポレオン三世の皇后ウジェニーやモナコ王国妃のグレース・ケリーも華々しく名を連ね、「王の宝石商、宝石商の王」と讃えられてきました。プラチナを宝飾品に初めて用いたことでも知られ、伝統のクラフトマンシップに支えられた革新性と芸術性の高さは、いつの世も多くのセレブリティを魅了し続けています。

C ドゥ カルティエ ウェディング リング

C ドゥ カルティエ ウェディング リング(商品画像)

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/エングレーヴド-ウェディングリング/b4086400-エングレーヴド-ウェディング-リング.html

素材:18金
価格:159,300円

人気のピンクゴールドに、“Cartier” のエングレーヴィング(彫金)とダイヤモンドの輝きが誇らしい。シンプルながらさすがの存在感が魅力です。

1895 ウェディング リング

1895 ウェディング リング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/1895-リング/b4057700-1895-ウェディング-リング.html

価格:162,000円

永きにわたるカルティエの定番シリーズ、1895ウェディングリング。写真のリングは、幅が2.6mmの細身タイプで、センターに0.01ctのブリリアントカットダイヤモンドを1石だけ埋めました。シンプルを追求した作品なので、ダイヤモンドが入っているとは言え、男性にも違和感がありません。普段使いに配慮されたやさしい着け心地も特徴。

1895 ウェディング リング

1895 ウェディング リング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/1895-リング/b4059500-1895-ウェディング-リング.html

価格:267,300円

普段使いを考えたシンプルな1895ウエディングリング。こちらは、幅5mmの存在感ある作品です。指輪の表面に緩やかな丸みを描くことで、全体的に優しげな印象を表現。あえて輝かせすぎずマット感を出し、身に着ける人に気品と奥ゆかしさを与えます。フォーマルなファッションにもカジュアルなファッションにも、違和感のない存在感。

C ドゥ カルティエ ウェディング リング

C ドゥ カルティエ ウェディング リング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/エングレーヴド-ウェディングリング/b4077800-エングレーヴド-ウェディング-リング.html

価格:310,500円

カルティエ定番の「ドゥ カルティエ ウェディングリング」から、こちらはブランドロゴの両サイドに、合計0.02ctのダイヤモンドを2石バランス良く配した作品。センターに彫られた「Cartier」の文字は、カルティエ好きにとって憧れの刻印。カジュアルな顔も持つシリーズなので、どんなファッション、どんなシーンにも良くマッチします。

エタンセル ドゥ カルティエ ウェディング リング

エタンセル ドゥ カルティエ ウェディング リング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/%E5%95%86%E5%93%81%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC/%E5%A9%9A%E7%B4%84%EF%BC%86%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA/new-%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%83%89%E3%82%A5-%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8/b4210400-%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%83%89%E3%82%A5-%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8-%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0.html

価格:313,200円

洗練されたエレガンスを表現しながらも、シンプルというベースを堅持して譲らないのがエタンセルシリーズ。合計0.22ctのブリリアントカットダイヤモンドを49石も配した華やかなエタニティでありながら、ベースがシンプルなので嫌味がありません。幅は1.52mmと、かなり細め。細くて長い指を、さらに細く長く見せてくれるでしょう。

カルティエ ダムール ウェディング リング

カルティエ ダムール ウェディング リング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/カルティエ-ダムール/b4210300-カルティエ-ダムール-ウェディング-リング.html

価格:205,200円

1938年にリリースされたコレクションを、現代に至り再解釈して作られた「カルティエ ダムール」シリーズ。シンプルなプラチナストレートリングながらも、両端に段差を付けて周回させることで、他のブランドとは異なる個性を表現。幅が3.5mmと、やや広めなので、男性の大きな手にも自然にマッチすることでしょう。

カルティエ ダムール ウェディング リング

カルティエ ダムール ウェディング リング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/カルティエ-ダムール/b4094000-カルティエ-ダムール-ウェディング-リング.html

価格:118,800円

シンプルさと存在感の両立で人気の「カルティエ ダムール」シリーズの中から、こちらは幅1.8mmの細身タイプの華奢な作品。素材には純度の高いプラチナ950を採用しました。シリーズには幅が違うだけの作品もあるので、男性とのペアで選ぶカップルも多いとのこと。118,800円と、カルティエのブライダルリングの中では奇跡的な価格。

トリニティ ルバン ウエディング リング

トリニティ ルバン ウエディング リング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/トリニティ-ルバン/b4099400-トリニティ-ルバン-ウエディング-リング.html

価格:769,500円

パヴェダイヤモンドを煌びやかに配した「トリニティ ルバン」シリーズの傑作。他のブランドには見られない、カルティエ独自のカーブラインを描きながら、合計49個のブリリアントカットダイヤモンドがハーフエタニティでセッティングされています。プラチナの土台が隠れんばかりのダイヤモンドは、合計0.49ct。

カルティエ デスティネ ウェディング リング

カルティエ デスティネ ウェディング リング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/カルティエ-デスティネ/n4127500-カルティエ-デスティネ-ウェディング-リング.html

価格:2,494,800円

パヴェダイヤモンドの華やかさが特徴の「カルティエ デスティネ」シリーズの中でも、最高峰と位置づけられるのが当作品。4.1mmという幅広サイズ一杯に敷き詰めた18個の大粒ダイヤモンドは、合計で2.56ctという贅沢さ。純度95%のプラチナの石座と共鳴し、それぞれのダイヤモンドが何倍にも煌びやかに光を放ちます。

バレリーナ ウェディング リング

バレリーナ ウェディング リング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/バレリーナ/b4072000-バレリーナ-ウェディング-リング.html

価格:618,300円

世界中のファンを魅了してやまないカルティエの「バレリーナ」コレクション。こちらは、幅2.4mmのプラチナストレートリングに、ブリリアントカットダイヤモンドをパヴェで並べた可愛らしい作品です。合計39個の小粒ダイヤモンドは、合わせて0.38ct。指元に女性らしい可愛らしさを添えたい人には、ぜひ試着をおすすめしたい作品です。

トリニティ ウェディングリング

トリニティ ウェディングリング

引用元:カルティエ
http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/トリニティ-ドゥ-カルティエ/b4052900-トリニティ-ウェディングリング.html

価格:483,300円

幅3.5mmで、やや厚みのあるフラットなタイプの結婚指輪。絶妙なハーモニーを奏でるピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドの組み合わせの中に、合計53個のブリリアントカットダイヤモンドをパヴェ状にセッティング。身に着ける人、見る人によって、様々な解釈を与える、まるで奥深い芸術作品のような結婚指輪です。

バレリーナ ウェディング リング

バレリーナ ウェディング リング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/バレリーナ/b4092800-バレリーナ-ウェディング-リング.html

価格:175,500円

カルティエ人気のバレリーナシリーズの中から、センターのロゴを刻んだシンプルなプラチナストレートリング。幅は2mmと細身。素材は高純度95%のプラチナです。驚くべきは、名門カルティエにして175,500円という価格のリーズナブルさ。カルティエが手の届かない憧れのブランドだと思い込んでいた方は、改めてブランドのショーケースを眺めてみてください。

マイヨン パンテール ウェディング リング

マイヨン パンテール ウェディング リング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/マイヨン-パンテール/b4080400-マイヨン-パンテール-ウェディング-リング.html

価格:221,400円

幾何学的なデザインを芸術の域まで高めることを得意とするのが、カルティエの持ち味。こちらで紹介しているマイヨン パンテール ウェディング リングもまた、カルティエ独自の個性を存分に表現した名作です。合計0.05ctのラウンドブリリアントカットダイヤモンドを4粒配置しているにも関わらず、価格は目を疑う20万円少々。素材に18Kホワイトゴールドを選んだことで低価格を実現しています。

1895 ウェディング リング

1895 ウェディング リング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/1895-リング/b4058300-1895-ウェディング-リング.html

価格:213,300円

カルティエの定番リングと言えば、「1895 ウェディング リング」シリーズ。ご紹介しているリングは、Pt950という高純度のプラチナ素材を採用し、丸みを帯びた優しいストレートリングに仕上げた作品です。センター、およびその両サイドには合計0.03ctの小粒ダイヤモンドを3石セッティング。さりげなく指元から放たれるダイヤモンドの光が、控えめながらもあなたの存在感をしっかりと演出します。

1895 ウェディング リング

1895 ウェディング リング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/1895-リング/b4058300-1895-ウェディング-リング.html

価格:213,300円

カルティエ定番の「1895 ウェディング リング」シリーズの中から、こちらはプラチナの存在感を大胆に活かした結婚指輪。4mmという幅広に加え、全体に丸みを添えた柔らかい印象のある作品です。プラチナの魅力を最大限に引き出している点は、カルティエのデザイン力ゆえでしょう。幅広タイプを男性が、幅細タイプを女性が選び、2本のリングに統一感を持たせるカップルも多いそう。

バレリーナ ウェディング リング

バレリーナ ウェディング リング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/バレリーナ/b4098700-バレリーナ-ウェディング-リング.html

価格:294,300円

幅2mmの細身リングに、わずかなカーブを与えた女性らしい繊細な作品。素材には18Kピンクゴールドを採用し、計0.09ctのブリリアントカットダイヤモンドを27個セッティング。指元をフェミニンな印象で彩ります。婚約指輪「1895ソリテールリング」との重ね着けが絶妙のマッチング。店頭で試着する際には、ぜひ重ね着けのテイストも体感してください。

エタンセル ドゥ カルティエ ウェディング リング

エタンセル ドゥ カルティエ ウェディング リング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/new-エタンセル-ドゥ-カルティエ/b4210500-エタンセル-ドゥ-カルティエ-ウェディング-リング.html

価格:291,600円

幅わずか1.52mmであるにも関わらず、これほどまでにエレガンスを表現しえた作品には、なかなか巡り合うことはできないでしょう。素材は18Kピンクゴールド。パヴェ状にセッティングされた49粒のダイヤモンドは、合計で0.22ctの輝き。カラット数、およびカルティエというブランド料にも関わらず、驚くべき20万円台という価格を実現しています。

C ドゥ カルティエ ウェディング リング

C ドゥ カルティエ ウェディング リング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/エングレーヴド-ウェディングリング/b4077800-エングレーヴド-ウェディング-リング.html

価格:310,500円

カルティエの結婚指輪と聞いて最初に思い浮かべるのが、この「C ドゥ カルティエ」シリーズ。プレーンな表面にブランドのロゴを入れた、カルティエ定番のデザインです。素材はプラチナ950で、2粒のダイヤモンドの合計カラット数は0.07ct。デザインを全く同じくしてダイヤモンドを除いた作品や、ダイヤモンドを左側に1粒のみ配した作品も人気です。

マイヨン パンテール ウェディング リング

マイヨン パンテール ウェディング リング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/マイヨン-パンテール/b4221100-マイヨン-パンテール-ウェディング-リング.html

価格:359,100円

パンテールとは、フランス語で「豹」を意味する言葉。メゾンを象徴する動物「豹」をモチーフに、力強さとしなやかさを同時に表現したシリーズが「マイヨンパンテール」です。こちらの作品は、人気の「マイヨンパンテール」シリーズの中から、18Kイエローゴールドを素材とした女性らしい逸品。3つの小部屋にそれぞれ4個ずつ、計12粒のブリリアントカットダイヤモンドをセッティングしています。

トリニティ ウェディングリング

トリニティ ウェディングリング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/トリニティ-ドゥ-カルティエ/b4052900-トリニティ-ウェディングリング.html

価格:483,300円

スタイリッシュとエレガンスの融合を目指し、1924年に発表された「トリニティリング」シリーズ。歴史あるデザインながら古さを全く感じさせない魅力が、計算されつくしたカルティエ独自の美観を思わせます。素材として、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドを並行に配置。センターには53粒のブリリアントカットダイヤモンドが、フルサークルでパヴェ状に配されています。

LOVE ウェディング リング、パヴェダイヤモンド

LOVE ウェディング リング、パヴェダイヤモンド

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/love/b4083400-love-ウェディング-リング、パヴェダイヤモンド.html

価格:826,200円

1970年、ニューヨークで生まれた「LOVE ウェディング リング」シリーズ。既成概念を破った新たな美の提案として、当時、ジュエリー界に多大なる衝撃を与えたシリーズです。ご紹介している作品は、素材に18Kホワイトゴールドを使用し、かつ88個ものブリリアントカットダイヤモンドを配置した眩しすぎる作品。ダイヤモンドの総カラット数は0.31ctです。

ブロドリー ドゥ カルティエ ウェディング リング

ブロドリー ドゥ カルティエ ウェディング リング

引用元:カルティエ
https://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/結婚指輪/ブロドリー-ドゥ-カルティエ/n4744900-ブロドリー-ドゥ-カルティエ-ウェディング-リング.html

価格:2,257,200円

18Kホワイトゴールドの素材の上に、合計2.6ctものブリリアントカットダイヤモンドを46個も配置した作品。その華やかさは一見ティファニーを思わせるものの、全体からにじみ出る整然さと力強さは、まぎれもないカルティエ独自の魅力です。むしろ、2.6ctもの輝きをたたえながらも普段使いを可能とするデザイン力は、カルティエ以外のセンスから生まれることはありません。


カルティエ(Cartier)を選んだ人の口コミ

最初はカルティエにするかグッチにするかで悩んだのですが、グッチにはプラチナ製のリングが少なかったので断念。逆にカルティエは、プラチナ製のリングがとても豊富で、私が希望するシンプル系の指輪もたくさんありました。また、私の希望だけではなく、彼の指に合うかどうかもブランド選びの時に重視したポイント。カルティエには、指が短い彼にもよく合うデザインの指輪がたくさんありました。店員さんの接客やアドバイスが良かったこともあり、最終的にはカルティエで決定でした。

カルティエは女性の憧れのブランド。でも、一生のうちに何度もお世話になるブランドではありませんよね。一生に一回の結婚指輪くらい、憧れのカルティエで購入したいと思い、他のブランドは見ずに最初からカルティエと決めていました。実際に店舗に入ってみると、カルティエらしい高級感あふれる雰囲気。店員さんの接客、言葉遣い、心遣い、すべてが一流と感じました。来店してから待たされることもなく、あらゆる流れがスムーズ。総合的な満足度から、カルティエを選んだ形です。

世界一流のブランドなので、買って間違いはないというのがカルティエを選んだ最大の理由です。ただ、なにしろカルティエなので、当初は値段的に難しいと感じていました。ところが実際に店舗で指輪を見てみると、意外に手の届く値段のものもたくさん。自分には無理だという先入観を捨てて、改めて新しい視点からカルティエを眺めることができました。シンプルなデザインのものが多かった点も、私好みでした。店員さんの押し売り感もなく、終始、上品な対応でしたよ。

カルティエを選んだ理由は、結婚指輪だけではなく婚約指輪も、豊富な種類のデザインやカラー、太さなどがあったこと。きっと自分の好みの指輪に巡り合えると思い、カルティエを選びました。当初はピンクゴールドを希望していたのですが、実際にお店で試着してみると、ピンクゴールドよりもイエローゴールドのほうが、私の指には合っていることが分かりました。これも、色々な素材、カラーが用意されていたからこそですね。店員さんの対応の良さも、カルティエを選んだ決め手の一つでしたよ。

世界一流のブランド名と、デザインの豊富さでカルティエを選びました。特にデザインは本当に豊富。シンプル系、かわいい系、凝ったデザイン系、幅広系まで、見ているだけでも楽しくなるほどの品揃えでしたよ。きっと、どんな好みの方でも、お気に入りの一品に巡り合えるはずです。一生に一度の結婚指輪です。夫婦の大事な記念品にふさわしいブランドを選んで、本当に良かったと思っています。

カルティエの 結婚指輪はここがポイント

憧れを誘う、華麗かつ多彩な13コレクション

カルティエといえば「サントス」「パシャ」といったラグジュアリーウォッチや、ガーランドスタイル(ルイ16世様式)の銘品ジュエリーで知られるところ。もちろん結婚指輪にも、ブランドを代表する憧れのコレクションが豊富に揃います。愛のギフトとして一世を風靡した“LOVE”、詩人ジャン・コクトーが愛した“トリニティ”etc……を網羅するばかりでなく、プラチナ、ゴールドの素材違いやディテール違いなど、シリーズごとのバリエーションも多彩。理想のスタイルがきっと見つかるラインナップです。

私たち、行ってきました:先輩カップルのReal voice

重厚で気品ある店構え。敷居の高さにちょっぴり緊張! 訪問店舗:「カルティエ 銀座本店」

銀座・中央通りに面した重厚な雰囲気のブティック。豪華なショーウィンドウに少々気圧されながら、ブライダルリングのある3階へとエレベーターで向かいました。
そこで私たちを待ち受けていたのは人っ子ひとりいない無人のフロア。困惑しつつの数分後、ようやくスタッフが登場したものの『いらっしゃいませ』のあとは口数も少なく、場慣れしていない私たちはなんだか気まずいムードに……。指輪の試着は快くさせてもらえたのですが、特にアドバイスもなく、こちらから話しかけなければ会話のない状態が続いてしまいました。
緊張はしましたが、ある意味上品で控えめ、押し付けの一切感じられない対応で、いかにも一流ブランドといった雰囲気は味わえたと思います。リングも素敵だったし、再訪の際は気張らずに出掛けたいですね。

カルティエ銀座本店の
Shop Data

本店住所 東京都中央区銀座5-5-15
本店休業日 不定休

※本店以外のショップデータは公式サイトでお確かめください

来店予約をした方も見ています

結婚指輪のブランドは多くて、どれから見ていけば良いのか迷いませんか?

編集部が調査したおすすめブランドには、ブランドの特徴、口コミ、店舗情報など全てが1ページで見ることができます。

選ぶポイントとしては、必ずブライダルジュエリー専門店を1~2ブランド選び、実際に行って見てください。「ブライダル専門」だからこそ納得できる指輪選びができます。

おすすめの
結婚指輪ブランドを見る

体験レポート